ADHD診断!2歳・3歳・4歳で違いはあるのか?

ADHDの特徴的な

症状は4歳くらいになると

はっきりするとされています。

スポンサーリンク

 

幼児のADHDについて

 

多動性が顕著な場合には

2歳くらいから周囲の大人や

親がADHDを

疑うことも出てきますが、

2歳児は一般的に

活動的でじっとしていられないのが普通です。

 

ぬ

 

2歳児で

ADHDの診断が下されることは

まずありません。
3歳になっても、

じっと座っていられずに

直ぐに立ち上がって動き回る、

1~2分間の注意力の

持続を要求される活動への参加を拒む、

何事にも数分で飽きてしまう、

猛烈な勢いで動き回った結果として

針で縫うような深刻な怪我をした、

常に家具などに登っていて

注意してもやめないというような

行動が見られたら、

ADHDを疑って

医師に相談した方がいいでしょう。

 
ADHD児は

いつも心ここにあらずといった様子で、

話を聞いていないことが

しばしばあります。

 

多くの場合、ADHD児は、

言われた通りにしたり、

やるべきことを

きちんとやり遂げることができません。

 

一つのことをやりかけたまま、

他のことをやり始める傾向があります。

 

4歳ともなると、

こうした行動は周囲の誤解を招き、

子供が日常生活を送るうえで

困難が生じることになります。

 

スポンサーリンク

 

ADHDの診断について

 

診断には家庭での様子だけではなく、

幼稚園や保育園などの

集団生活での様子も欠かせません。

 

ADHDの診断は、

症状が少なくとも

2つの異なる状況で

見られることを必要とします。

 

家庭だけとか、

習い事の時だけに

不注意さや多動が見られても

ADHDとはみなしません。

 

また、

症状は幼児の発達段階からみて

極めて顕著でなければなりません。

 

その判断は観察者によっても異なるため、

診断は困難になりがちです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ