ADHD診断について!子供や幼児の基準は?

ADHDは、

年齢や発達に

不釣り合いな不注意さや多動性、

衝動性を特徴とする発達障害です。

スポンサーリンク

 

子供のADHDについて

 

小さな子供は

基本的に衝動的で集中力に欠け、

落ち着きの無いものです。

 

ママと遊ぶ赤ちゃん

 

ADHDかどうかは、

不注意さや衝動性が

日常生活でどれくらいの困難を

生んでいるかによって判断します。
大人がADHDを疑って

精神科を受診した場合には

念のためにMRIを実施することもありますが、

子供の場合には

基本的に医師が

普段の行動を聞き取って診察を進めます。

 

アンケート形式の

チェックリストが渡されます。

 

不注意さについての質問が9項目、

多動性と衝動性についての質問が9項目です。

 

診断には家庭の様子だけでなく、

集団生活での様子も欠かせないために、

担任の先生などにも

チェックリストの記入を

してもらう必要があります。

 

チェックリストの

結果をうけて医師が診察を行い、

必要であれば心理テストや

知能検査も行います。

 

スポンサーリンク

 

ADHDチェックリスト

不注意、

多動性、

衝動性による行動が

どれくらいあるかは、

チェックリストの項目で測ることができます。

 

ADHDの症状の軽度、

重度はチェックリストで

おおよそ見分けることができます。

 

しかし、

大切なのは子供本人が

日常生活でどれだけ

困難を感じているかを知ることです。

 

症状が軽度でも、

周囲がADHDのことを

知らないために叱責されることが多いと、

その子のストレスは大きくなります。

 

周囲からADHDゆえの

行動を否定されたり

責め続けられたりしていると、

劣等感が植え付けられてしまいます。

 

「軽度だから大丈夫」

安易に安心せずに、

子供本人がどれくらい困っているかを

良く観察することが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ