ADHDの私が片付けられないを克服した方法!3つのポイント

注意力が散漫で、落ち着きがないため、ADHDには片づけられない人が多いのが事実です。

ADHDといっても個人差があるため、以下で紹介する方法がすべての人に効果があるとはいえませんが、ひとつの参考にはなるかと思います。

 

スポンサーリンク

 

ADHDの私が片付けられないを克服した3つのポイント!

adhd

ポイントその1:一度に全部やろうとしない。

一度に家の全部の部屋を掃除しようとすると、絶対に最後まで集中力が持ちません。

まずはどこを掃除したいか、掃除してどう使いたいか、をリストアップし、優先順位を決めましょう。

具体的にメモに書き出すことで、掃除した後が明確にイメージできるようになります。

さらに最初から細かく整頓するのは無謀です。

まず、大きな段ボールやビニール袋を用意し、捨てるものを放り込んでいきます。

本当に判断がつかないものをとりあえず置いておける「とりあえずBOX」を作っておくのも有効です。

また、場所ではなく時間で区切るのも有効です。

たとえば、30分タイマーをかけて片づけて、タイマーが鳴ったら片付いてなくても終了します。

ただし、これを毎日の習慣にするようにしましょう。

▶︎ADHDの子供の特徴!2歳・3歳児について

 

ポイントその2:見える整頓を心がける。

ADHDは見えないとその物の存在を忘れてしまいます。

同じような品物をいくつも買ったことがありませんか。

こうなると、物が増えて部屋が散らかる要因になります。

整頓に使うケースには透明、半透明のものを使うようにしましょう。

ケースにラベルを張るのも整頓には効果的です。

ラベリングすることで、物の場所を明確にすることができます。

また、貴重品やよく使うものは、定位置を決めておきましょう。

たとえば、家や車のカギは玄関の靴箱の上、重要な書類は専用の書類ボックスを作って必ずそれに入れておく、などです。

▶︎ジャイアン・のび太からみるADHDの本質とは×××ではないか?

 

ポイントその3:ものを増やさない。

これは究極の整頓方法といえます。

そもそも物を増やさなければ、散らかることもありません。

買い置きはせずに今あるものを使い切ってから買う。

服を買うときは今あるものを処分してから買う。

こういったルールを明確に作ると、物を増やさずに暮らすことができます。

ポイントその2で示した見える整頓や物の定位置が決まっていると、自然と足りないものがわかるようになります。

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群!大人の女性の外見的特徴は?

3つのポイントをいつも実行できるとは限らない

実践しやすい3つの方法も、実は、片付けられる日と片付けられない日があります。

ADHDの場合、その日の体調によって、できる事に波があります。

毎日、一定のレベルを保つのは、無理です。

それが、ADHDの困ったところです。

気分がいい日は、3つの方法を全て実行できます。

しかし、そうした日は、むしろ少数派。家にいる時は、寝ていたいのが本音という事が、少なくありません。

そんな日は、ごちゃごちゃの部屋が、どんなに気になっても、片付けられません。

▶︎ADHDの女性は感情の起伏が激しい?ヒステリーを起こしやすいのか?

体調の波をなくすのに役立つのがアスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

ADHDの人が悩まされる体調の波を、ほとんど感じなくしてくれると、口コミで好評な方法が、「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」です。

「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」を実践するようになったら、「体の感覚が研ぎ澄まされてきた」と、効果を実感するADHDの人が、多いようです。

「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」は、食事療法を中心として、発達障害の症状の改善に効果があった事を、凝縮したマニュアルです。

150名以上の臨床結果に基づくので、食べ物と感情の関係に関して、「腑に落ちる内容が多い」とする利用者が、少なくありません。

▶︎ADHDの子供は朝弱いのは本当?朝の支度に悩まない方法


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ