ADHDの子供への対処方法と最適な改善方法

スポンサーリンク

ADHDは、集中力がない、じっとしていられない、考えずに行動するという点に特徴があります。

周囲とのトラブルが絶えず、生きづらさを感じます。

ADHDの疑いがあったり、ADHDと診断されたりした子供には、どう対処したら良いでしょうか?

adhd

治療やサポートが遅れると二次障害の心配がある!二次障害は思春期に発症しやすい

ADHDの特徴は、子供には多少とも認められるものです。

年齢に不釣り合いなほど、不注意さ、多動性、衝動性が強い時、ADHDと診断されます。

「まだ小さいから」と様子を見ていて、治療やサポートが遅れると、ADHDの子供は、ADHDの主症状とは異なる症状を、引き起こす事が多いと言われています。

それが、二次障害です。

二次障害で多いのは、うつ病、不安障害、不登校や引きこもり

また、反抗挑戦性障害を引き起こす事も、多いとされています。

このような二次障害は、思春期になって見られるケースが多いと言われています。

ADHDの主症状によって、周囲とのトラブルが多く、自尊感情が低い事が、二次障害の原因とされています。

→アスペルガー症候群とADHDは合併するのか ?

ADHDの疑いがあったら早めに療育を受けさせよう!小さいうちは命を守る事を優先する事も大切

ADHDの疑いがあったら、まずは身近な専門機関に相談しましょう。

保健センター、子育て支援センター、児童発達支援事業所、発達障害者支援センターなどが、相談を受け付けてくれます。

専門の医療機関にもつないでくれます。専門の機関に相談したら、早めに療育を受けさせましょう。生きづらさが緩和されます。

小さいうちに、一番心配なのは、飛び出しです。横断歩道を歩いている時に、急に親の手を振り払って、駆け出す事も少なくありません。

ADHDの子供は、何かに気を引かれると、衝動的に飛び出します。

命の危険を伴う場合があります。

ごく幼いうちは、命を守る事を第一に考えるようにしましょう。

ハーネスなどを使うのも、一つの具体的な対処方法です。

スポンサーリンク

→ADHDの私が片付けられないを克服した方法!3つのポイント

家庭での困り事に対する具体的な対処方法はコチラ

1.片付けられない→片付けの手間を小さくする

気に入ったおもちゃをどんどん出す一方、片付ける事を忘れるのが、ADHDの子供です。

対処方法としては、片付けの手間を、小さくする事が大切です。

おもちゃを出して良いゾーンを決めておき、その範囲内なら良しとします。

2.静かにできない→不安を感じさせないように集中できる物を与える

不慣れな所に連れて行くと、ADHDの子供は、一瞬もじっとしていません。

周囲から迷惑がられます。落ち着いていられないのは、不安な気持ちを紛らわすためです。

好きな絵本やお絵かきセットを持参して、子供の注意をそちらに引き付けるようにしましょう。

3.宿題を途中で放り出す→集中できる環境を用意する

宿題を始めても、途中で注意が外れてしまうのが、ADHDの子供です。

対処方法としては、集中できる環境を用意する事です。

勉強スペースは、部屋の隅にします。周囲にはつい立てをして、視覚的な刺激が、子供の目に入らないようにします。

机の上には、必要最小限の物だけを置きましょう。

→ADHDの特徴は顔に現れる?不注意も特徴のひとつ?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ