アスペルガーな息子とADHDの母のブログを見た感想!

ADHD児の養育ブログが多いなか、

発達障害児の母自身が

ADHDの症状に悩みながら

子育てに奮闘しているというブログです。

スポンサーリンク

ブログを読んだ感想

 

筆者自身がADHDの症状に

悩まされているために、

症状が激しい時には

ブログを書くこと自体が困難です。

 

Pixelated ADHD

 

そうした中で綴られた自身のADHD特性。

 

「神さまが舞い降りてくる」と表現しています。

 

「私にはときどき、神さまが降りてくる。

 

普段はぼんやり過ごすことが多いのだけど、

ある日、

突然なにかに取り付かれたかのように、

何かに集中して、

まわりが見えなくなることがある。」

「神さまがいない状態で何かをするのって、

ほんとにしんどい。」

ボタン1個つけるのも

なかなか出来ないという状態で、

「私って、ダメダメちゃんだな~」と悩みます。
そうした筆者にとって心強いのがパートナーの存在。

 

パートナーがいてくれると、

それだけでいろいろなことが

スムーズに片付くという筆者。

 

息子の学校の学年委員を務め、

他の保護者の対応を

見ながら自分自身を成長させようとします。

経験から学んでいこうとする姿が印象的です。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の息子

 

筆者にとって気がかりなのは

アスペルガーという障害を持つ息子のこと。

アスペルガー障害の少年たちが

引き起こす事件の報道に接して困惑します。

 

「アスペルガーの息子を持つ母親としては、

とても他人事には思えない。

かといって、

ウチの息子が犯罪を犯すとも考えられない。

 

「事件の多くは、

事件を起こして

初めてアスペルガーであると診断されている。

もし、

アスペルガーであることを本人が自覚して、

周りの援助があれば、

防げたかもしれないのに。」

 

そう思っていたところに

届いた学校からの案内。

 

発達障害をめぐる講演会です。

「救いの手だ。」と喜ぶ筆者。

 

自身の障害と共生しながら

我が子の発達障害に向き合おうとする母のブログです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ