適応障害だと思ったら症状をみてまずは電話カウンセリング!

適応障害は

うつ病のような

脳内のホルモン分泌異常が

あるものではありません。

 

適切な治療を

早期に始めれば

短期間で回復する場合も

多いと言われています。

 

心の不調を来す原因に

思い当たる節があり、

不安感や焦燥感にとらわれたり、

涙もろくなったり、

頭痛や腹痛に悩まされるようなら、

適応障害かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

心の不調を感じたら早めに支援を求めましょう

 

現在、

精神科に通院している

クライエントの10%以上は

適応障害だとされています。

 

適応障害と診断されても、

5年後には40%以上の人が

うつ病などの診断名に変更されています。

 

働く男性

 

適応障害は

早期に適切な治療が為されない場合には

重篤な病気につながる

危険性もあると言えます。

 

大人の適応障害の場合には

不安症状やうつ症状が

意識にのぼりやすいため、

うつ病電話カウンセラーが

適応障害の電話カウンセリングに

応じることもあります。

 

そうした形で

主体的にストレスに

適応できるように自ら環境を

調整することも必要でしょう。

 

スポンサーリンク

 

適応障害の場合、

ストレスに対して恐怖心を持っているので、

ストレスを一時的に回避できると

強い安堵感を得られます。

 

しかし、

徒らにストレスを回避していると、

ストレスに再び直面することに

強い恐怖心を抱くようになります。

 

回避を繰り返すと、

主体的にストレスに

対処していくことが困難となり、

ストレスへの適応力が

低下することにもなります。

 

大人になって

直面するストレスは

持続性のものであり、

回避し続けることは困難な場合が大半です。

 

ストレス耐性を高める手段として

早期に専門機関に

電話で相談するというのも良い方法でしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ