適応障害の症状は大人と子供で違うのか?仕事をしても大丈夫か?

適応障害は、

社会生活を送るうえで

誰もが遭遇しうる

ストレスによって

予想以上に

大きな精神的ダメージを

受けた状態です。

 

家庭生活、

学業や仕事に

著しい障害が引き起こされます。

 

適応障害の症状は

ストレスに対する

正常な感情的反応の延長線上にあります。

 

スポンサーリンク

 

誤解を生みやすい適応障害

 

不安や焦燥感といった

不安症状を中心とする状態、

喪失感や絶望感といった

うつ症状を中心とする状態、

怠慢や喧嘩といった

問題行動を中心とする状態、

頭痛や腹痛といった

身体症状を中心とする状態の

4つの状態に分類されます。

 

症状の現れ方は各人異なりますが、

この4つの症状のいずれかが目立ったり、

幾つかが混合することが多いと言えます。

 

Stressed young woman with laptop

 

子供も適応障害になる可能性はあります。

 

子供の場合には

指しゃぶりや夜尿、

赤ちゃん言葉を使うといった

退行症状が現れることがあります。

 

子供の場合には、

日常生活が家庭以外では

学校や習い事に限定されやすいので、

遅刻、

欠席、

不登校という形をとることが多く、

周囲の大人が異変に

気づきやすいと言えます。

 

スポンサーリンク

 

ストレスが原因で起る障害

 

適応障害は、

相対的に強いストレスが原因で

起こる急性の障害で、

ストレスがかかった後、

1~3ヶ月という比較的短期間で出現します。

 

発症のきっかけが

はっきりしているのが特徴です。

 

抑うつ状態が場面限定的に現れるので、

ストレスが無い時には

比較的元気で

休職中にもかかわらず

海外旅行に行ってしまうこともあります。

 

「わがまま」

「未熟」

と誤解され、

職場のメンタルヘルスにおいて

問題となることもしばしばあります。

 

精神科医の中には適応障害を

「職場恐怖症」

ととらえると言動を

理解しやすいという人もいます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ