適応障害を克服し復職を成功した人!失敗して辛い思いをした人!

上司の一言にショックを受けて

不安症状が急に出るようになった、

思わぬ失敗から出勤しようとすると

動悸が激しくなってどうしようもない。

 

そうした症状から適応障害と診断されて休職。

 

治療している医師から

復職の時期を探そうと言われるまでに

回復した時こそ、

復職活動開始です。

 

スポンサーリンク

 

適応障害での復職を成功させるには

 

医師から復職できそうだと言われた時には

慎重に行動しましょう。

 

休職したことで

同じ部署の人に迷惑を掛けているから

早く復職しようと焦るのは禁物です。

 

笑顔のビジネスマン

 

十分に回復していない状態での

復職は6ヶ月以内の

再休職の危険性が高いとの

調査結果があります。
カウンセリングを通して

適応障害の原因や体調を崩しやすい

シチュエーションが

把握されたことでしょうが、

自分が体調を

崩しやすいシチュエーションを

再度整理しましょう。

 

復職しても

同じシチュエーションに

自分をおけば、

適応障害が再発する

可能性があります。

 

復職前に産業医や

人事との面談が

予定されている会社も

多いことでしょう。

 

その面談の際に

産業医から上司に

異動を働きかけて欲しいと思う人も

多いようですが、

産業医は職場に戻れる状態か否かを

判断するに留まると考えてください。

 

異動については

社内規定があるでしょうから、

人事に相談するのが好ましいと言えます。

 

スポンサーリンク

 

ストレス回避がポイント

 

休職は、

ストレスを回避して安堵感を得ながら、

ストレスへの耐性を高めて

ストレスに適応する対処法を

自分なりに模索する期間です。

 

休職前の環境を違う視点から

とらえられるようになっているのが

最も好ましいのですが、

実際に復職してみないことには

10割の回復ができているかどうかは

分からない部分があります。

 

復職が失敗する可能性も

頭の片隅に置きながら

家族や近所の人と良好な関係を築き、

戸外での活動を

楽しむ心のゆとりが生まれているようなら、

復職成功の可能性は

高いと言えるでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ