適応障害で復職のタイミングは?旦那が再発しないか不安です。

ストレスが予想以上に強く、

不安症状やうつ症状が

顕著になって

日常生活に大きな支障が生じる適応障害。

 

産業医から休職を勧められて休職。

 

休養に努めて

次第に良く眠れるようになってきたし

食欲も戻ってきたという時に

考えだすのが復職です。

 

スポンサーリンク

 

適応障害の症状が収まってきたら~復職のタイミング~

 

適応障害の治療をしている医師から

「次の診察時からそろそろ復職の時期を探りましょう」

と言われるかもしれません。

どのタイミングで

復職するのが良いでしょうか?

 

頭を抱える男性

 

復職前には

「トレーニング」

をするのが良いでしょう。

 

まずは会社の前まで行ってみましょう。

 

適応障害を

「職場恐怖症」

と呼ぶ精神科医もいます。

 

適応障害はストレスの原因を

はっきりと自覚しているのが特徴です。

 

それだけに

ストレスの源に

近づくことに対して、

適応障害の人は

恐怖心を抱きます。

 

復職が可能かどうかは、

まずは会社の前まで行っても

平気かどうかを確かめることから始まります。

 

次には、

休職前に出勤していた時間に

会社の前まで行ってみましょう。

 

通勤電車の混み具合や

人混みに自分が適応できることを

確認しておくと良いでしょう。

 

通常通りに

会社の前まで行く練習を

数日繰り返します。

 

その頃の自分の回復具合を

できるだけ客観的に判断してください。

 

休職前の8割以上まで

回復しているでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

復職を成功させるには!

 

休職前の8割以上まで

回復している場合には、

職場の環境や

復職時期によって

具体的なタイミングを探ると

良いでしょう。

 

注意したいのは、

忙しい年度末にかかりそうな2月頃の復職、

リハビリ出社がなくて

最初から定時までの

出勤が条件となっている復職です。

 

そのような環境では、

復職したものの

碌に仕事を与えられずに

孤独感を深めやすいと言えます。

 

再度休職すると、

次の復職のハードルが

高くなってしまいます。

 

10割の回復状態で復職してください。

 

復職の時期は

新人を迎える新年度まで

伸ばすのが無難です。

 

それまでの間は

定時に会社の前まで行って、

その後は、

例えば図書館で

資格の勉強をするのも良いでしょう。

 

1度で復職を成功させることが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ