適応障害の休職中の傷病手当金と過ごし方について!

適応障害と診断されて

休職する場合に気になるのが、

傷病手当金を

貰えるのだろうかということでしょう。

 

会社で健康保険に

きちんと加入していれば支給されます。

 

傷病手当金を

受給しようとする時に

注意しなくてはならないことが3つあります。

 

スポンサーリンク

 

適応障害で傷病手当金は貰えるのか?

 

1.連続して3日間休むことが必要です。

連続している必要があります。

 

この点に注意してください。

 

なお、この3日間は有給でも構いません。

この3日間を待期期間と呼んでいます。

 

傷病手当金が支給されるのは

待期期間が経過した4日目からになります。

 

頭を抱えるビジネスマン

 

2.就労不能という医師の意見が必要です。

傷病手当金申請書には医師の意見を書く欄があります。

 

そこに適応障害によって

就労不能と認める旨の意見を

医師に書いてもらう必要があります。

 

適応障害との診断を下した

医師のもとに用紙を持参して

意見欄への記入をお願いしてください。

 

医師に意見欄への記入をお願いするのは

待期期間の3日間のうちに済ませましょう。

 

スポンサーリンク

 

3.会社の協力があって申請ができるということを心に留めておきましょう。

傷病手当金の受給には

出勤簿や賃金台帳のコピーなどの

添付書類や会社の記載が必要になります。

 

出勤簿や賃金台帳のコピーなどの書類は

総務課辺りが用意してくれることでしょうが、

そうした協力のもとに

傷病手当金の申請が

滞り無くできているということを

改めて考えるだけでも、

「職場恐怖症」が少しは和らぐのではないでしょうか?

 

休んでいる間にストレス耐性を

高める方法を自分なりに模索することが大切です。

 

家族や地域の人と良好な関係を築くとともに、

休職することになった

職場のとらえ方を変換させるように努めましょう。

 

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ