子供の適応障害とは?うつ病とは違うのか!

思い通りにならないことや

辛い出来事に対する

ストレスが

通常よりも強く現れて

日常生活に著しい支障が生じる

適応障害。

 

適応障害は

大人だけの疾患ではありません。

 

子供も適応障害になることがあります。

 

適応障害の特徴の1つとして、

発症の原因を本人が

明確に自覚するということがあります。

 

スポンサーリンク

 

子供の適応障害

 

発症の原因を本人が自覚するという点は、

うつ病と大きく異なる特徴です。

 

この特徴は

子供の適応障害にも認められます。

 

ただし、

子供の場合は、

強いストレスをもたらした

原因をうまく伝えることが出来なかったり、

大人に伝えていいものかと

悩んで自分の殻に

閉じこもってしまうことがあります。

 

子供の場合、

日常生活は学校、

習い事、

家庭に限定されると言えます。

 

周囲の大人が

子供の様子から

異変に気づくことで、

子供のストレス源を見つけて

適応障害に

早期に対応することが必要になります。

 

 

おままごと

 

また、

子供の適応障害では

発達障害が背後に

隠れていることもしばしばあります。

 

自閉症やアスペルガー症候群、

ADHD、

学習障害などがあると、

勉強について行けなかったり、

友達と仲良くしていくことが

困難になりやすくなります。

 

そうした状況が続くことは

子供にとって当然大きなストレスになります。

 

スポンサーリンク

 

何気ない日常が引き金になることも…

 

何気ないクラスメートの一言が

引き金となって

適応障害が発症することもあります。

 

子供の適応障害では、

特に病気でもなさそうなのに

頭痛や腹痛を訴えて

学校に行き渋ることが多く見られます。

 

不登校傾向から

適応障害と判断され、

直接のストレスが取り除かれても、

発達障害が

背後に隠れている場合には

適応障害への対応だけでは

根本的な解決がもたらされません。

 

適応障害を起こした

子供には日常生活で

困難を感じていることを

十分に聞くことが大変重要です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ