ADHDの日本の芸能人の噂について

ADHDとは注意欠陥・

多動性障害のことです。

 

年齢や発達に不釣り合いな

不注意さや多動、

衝動性を特徴とする発達障害です。

スポンサーリンク

ADHDについて

 

気が散りやすい、

じっとしていることが苦手、

何か思いつくと行っても

良いかどうかを考える前に

実行してしまうという特徴があります。

 

Attention Deficit Hyperactivity Disorder Concept

 

小さい子供なら

誰にでも見られるため、

周囲の人に障害という

認識を持ってもらえないことも多く、

障害と見られても、

以前は子供だけの症状だろうと

思われていました。
しかし、

ADHDは発達障害の1つであり、

成人したから

症状が消えるものではありません。

 

大人の場合には、

感情的な衝動性、

注意力や集中力の欠如が目立ちます。

 

感情が先行しがちになる、

理論が飛躍しやすい、

人の話を聞かずに自分が喋り続けたりもします。

 

協調面でマイナス評価を

受けやすいと言えますが、

障害が個性として

世間に認知されている有名人も複数います。

 

スポンサーリンク

 

芸能人とADHD

 

『窓ぎわのトットちゃん』という本が

かつてベストセラーになりました。

 

黒柳徹子さんが

ご自身の子供時代を記した著書です。

 

授業に集中できない、

喋りすぎるといった

ADHDぶりが明るいタッチで

細かに記されています。

 

ADHDの当事者が

読むと共感ポイント満載の1冊。

 

黒柳徹子さんは

この後も『トットの欠落帳』(新潮文庫)、

『トットチャンネル』(新潮文庫)を出されました。

 

『トットチャンネル』は

斉藤由貴さん主演で映画になり、

DVD化もされました。
また、

長嶋茂雄さんも

ADHDとされる有名人です。

 

近年では、

人気バンドSEKAI NO OWARI

ボーカル深瀬さんが

雑誌の取材でADHDだと

告白しているそうです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ