鳥居みゆきの障害は統合失調症?

何かに取り憑かれたような

怪演で知られる鳥居みゆきさん。

 

『カンニングの恋愛中毒』に

出演したことが

きっかけで2007年、

ネットを中心にブレイク。

 

『エンタの神様』や

『ロンドンハーツ』

などの人気番組に出演し、

一時期引っ張りだこの芸人さんでした。

 

その頃に隠し撮りされた

映像が流されたことがありますが、

その様子が一般の人の様子とは

明らかにかけ離れていたため、

「芸ではなくて精神を病んでいるのではないか?」

との噂が流れるようになりました。

 

よく耳にするのが統合失調症説です。

 

スポンサーリンク

 

虚実のはざまで~鳥居みゆきさん~

 

鳥居みゆきさん自身が

挙げている症状は、

自律神経失調症、

先端恐怖症、

対人恐怖症、

被害妄想、

見られていると感じる注察妄想、

アンテナ過敏症です。

 

鳥居みゆき 障害

https://twitter.com/torii_botより引用

 

「アンテナ過敏症」というのが

具体的にどのような症状を

指すのか不明ですが、

自我障害のことだとしたら、

統合失調症圏内の

疾患の可能性が出てきます。

 

また、

精神安定剤セパゾン

4種類も服用しているとも語っていますが、

セパゾンは

抗不安薬の商品名なので

4種類も存在しません。

 

ネガティブ思考が高じると

リストカットを

繰り返すとも話していますので、

衝動性や見捨てられることへの

抑うつを抱えている

可能性はあります。

 

▶︎蛭子能収にアスペルガー疑惑!伝説や息子・孫への発言がひどすぎる!?

 

スポンサーリンク

 

鳥居みゆきさんが

芸能界に入るきっかけとなったのは、

高校時代に見たお笑いライブ。

 

「お笑いの世界では何をやってもいいんだ」

 

と感じて高校卒業後、

養成所に入学。

 

そのネタには

巧妙な言葉遊びや

構成が詰まっていると

玄人筋からは高く評価されています。

 

代表作の1つは

「故 鳥居みゆき告別式~狂宴封鎖的世界~」。

 

自分の葬式をネタにしたものです。

 

高い構成力と勢力的な活動。

鳥居みゆきさんの

統合失調症説はもちろん噂ですが、

虚実のはざまで

演じている姿に時に

狂気を感じる人が多いようです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ