高畑裕太が発達障害やアスペルガー症候群と言われる3つの要因

スポンサーリンク

連続テレビ小説「まれ」への出演をきっかけに、全国区で人気が上昇していた高畑裕太。

今年の大河ドラマ「真田丸」では、信幸の息子・信政役で出演が予定され、母子共演が実現するはずでした。

そんな高畑裕太には、発達障害疑惑が浮上しています。

発達障害が疑われるのは、どのような要因からでしょうか?

takahatayuta

発達障害やアスペルガー症候群と言われる3つの要因

所かまわず、自分の関心事を話す

発達障害疑惑が浮上したエピソードの中で、最も多くの人が注目したのは、高畑裕太が、「ダウンタウンなう」に出演した時のことでしょう。

奔放発言を繰り返すのは、売り出し中の芸能人には珍しくないにしても、その内容に、共演者たちは、一様に呆れ、眉をしかめ、坂上忍は怒りモードになっていました。

笑いを取るためだろうと、当初は黙認していた共演者たちも、場違いにその話題に終始する高畑裕太の扱いに困りました。

キャラ作りの域を超えていると、周囲は引いてしまい、「発達障害なのではないか?」と、疑いを深めることになりました。

▶︎高畑裕太の発達障害エピソードから見る4歳まで喋らない3つの可能性!

相手との心理的距離感が分からない

高畑裕太に対して、発達障害の中でも、アスペルガー症候群を疑う人が少なくないようです。

要因は、相手との心理的距離感が分からないため。

有名なエピソードは、母親の友人であるピーターの楽屋を訪れた時のこと。

当時、小学校4年生だった高畑裕太は、「ピーター、よかったよ」と、ピーターを呼び捨てにして、肩をたたいたそうです。

「小学生に肩たたかれてね。こいつ、なんなんだと思ったけど、すごいのはそれが本気でそう思ってくれた感じがしたこと」と、ピーターは、語っています。

子供のピュアさと感じる限界の年齢として、そのエピソードは、処理されてきましたが、今日、そのエピソードが広まり、アスペルガー症候群疑惑を強める要因になっています。

また、「まれ」で一子を演じた清水富美加も、「高畑くんは、人との距離を測るメーターが壊れていますよね」「距離感が近い」と、語っています。

スポンサーリンク

▶︎イチロー選手にアスペルガー症候群の噂!真相についてはコチラ!

空気が読めない

高畑裕太の「距離感の近さ」は、人によっては、人懐っこいと好意的に受け止められてきました。

しかし、先輩への接し方に厳しい芸能界では、その距離感の近さは、しばしば先輩の芸能人たちの苛立ちを募らせることになっていました。

大物芸人にもタメ口トーク。

それが、笑いを狙った、一時的なものではないため、松本人志が、「だいぶクセがありますね」と苦笑し、「初めてCMに言って欲しい、と思った」と言い、ついには、「ぼく、あんまり君と喋りたくない」とまで発言。

そこまで言われても、高畑裕太が態度を変えず、同じ調子で、番組にふさわしくない話題を続けたことで、アスペルガー症候群疑惑を加速させることになりました。

同じ二世俳優として一緒に仕事をしたことがある梅宮アンナは、高畑裕太のことを「空気が読めない。人が言っていることを理解するのに、ちょっと時間がかかる。芸能人の中では珍しいタイプ」と語っています。

▶︎サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ