雅子様は本当に統合失調症や適応障害なのか?症状や原因は?

2004年7月に宮内庁から

「適応障害」

罹られるていると発表された

皇太子妃雅子様。

 

療養生活が10年あまりになるものの、

未だご公務は至って少なく、

治療状態についての明確な発表が乏しいことから、

国民の心配が高まっています。

 

スポンサーリンク

 

雅子様は統合失調症では?という噂の真相に迫る!

 

一部では

「雅子様の適応障害というのは、

統合失調症の前駆症状ではないのか?

統合失調症という病名を公表できない宮内庁が、

適応障害と言い続けているのではないか?」

との噂が広まっています。

 

果たして雅子様は統合失調症に

なりかけておいでなのでしょうか?

 

雅子様 統合失調症 症状

http://shinbishika-guide.com/masakosama/より引用

 

統合失調症疑惑が生じたのは、

初期の統合失調症が

適応障害と誤診されやすいとの

精神科医の指摘があります。

 

函館の精神科医はホームページで、

適応障害は初期の

統合失調症が誤診されていると指摘しています。

 

また統合失調症の

子供を持つ親から

雅子様のご様子が

統合失調症の症状によく似ているとの指摘が

ネットでなされていることも噂に拍車をかけています。

 

指摘されているご様子は2つ。

 

愛子様を出産されて初めて公式に会見された時に、

お話の途中で震えながら涙ぐまれ、

お話ができなくなったシーンが公開されました。

 

話している最中の思考停止は

統合失調症に見られる症状だというものです。

 

もう1つは、

適応障害を発症されたと公表されてからの

雅子様の表情が幼くなられたという指摘。

 

ご成婚当時の映像に比べると

表情が幼く感じられるようになったのは

統合失調症の現れだとするものです。

 

スポンサーリンク

 

感情のコントロールが出来ない…

 

しかし、

統合失調症を患っている場合には、

自分の人生は運命に

翻弄されているという思いから

抜けられなくなっています。

 

感情のコントロールも効かなくなります。

 

雅子様がマスコミを通して

発表される節目ごとのお言葉からは、

ご自分なりの意思で闘病生活を

快方に向けて歩まれていることが分かります。

 

ご公務中に沿道の国民から

かけられる声援へのご対応にも

感情の適当な抑制が見られます。

 

適応障害は

ストレスが慢性的に存在すると

症状も慢性的に経過します。

 

闘病生活が

長引くにつれて国民が

雅子様を心配するのはごく自然なことですが、

公表されていない病気を疑うのは控えたいところです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ