発達障害とは?菊池桃子もそうなのか?

2012年に

菊池桃子さんが

自身の発達障害を公表しました。

 

離婚との関係を噂され、

話題になりました。

 

ただし、

菊池桃子さんが

発達障害なのかという点については、

疑問が残ります。

スポンサーリンク

菊池桃子は本当に発達障害なのか?

発達障害とは、

発達時に幾つかの面に

広範で重篤な障害が起こる疾病です。

主に対人関係に困難を覚えます。

 

発達障害 菊池桃子

 

また、

自分の意思や感情を

相手に伝えるうえで障害が認められるのが大半です。

 

特定の習慣や

手続きに頑なにこだわることも

多いとされています。
菊池桃子さんについては、

「シェーグレン症候群」

という病気に罹っているということも

同時に公表されています。

 

シェーグレン症候群は

自己免疫疾患の1つです。

 

全身の分泌腺が冒される病気で、

口や鼻ばかりか皮膚や関節まで、

全身のさまざまな分泌腺がかわいていく難病です。

 

今日に至っても

日常の診療で

正しい診断がつきにくいとされています。

 

命にかかわるようなことは無いものの、

患者の不快感は相当に強く、

生活の質は大幅に低下します。

 

40~60歳の中年女性が罹ることが多いともされています。

 

原因は未だ不明です。

遺伝や環境、

性ホルモンなどの影響があるのではないかと

言われていますが、

現在は研究成果を待っている状態です。

 

スポンサーリンク

 

シェーグレン症候群の可能性も考えられる

 

未だ不明な部分の多い「シェーグレン症候群」。

 

全身にわたるはっきりしない訴えのために、

極端な場合には

「神経症」といった病名を告げられることもあり、

患者は途方に暮れます。

 

菊池桃子さんの症状は

幸いにシェーグレン症候群としては

軽い症状のようですが、

はっきりしない不快感が

日常生活に支障をきたして

「発達障害」という

公表につながったのでしょう。

 

発達障害は、

大人になって

いきなり罹る疾病ではありません。

発達障害が

まだまだ十分に社会に認知されていないと

感じられる出来事です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ