泰葉の双極性障害とは?病気の主な原因と治療法と再発の可能性

スポンサーリンク

最近、またネットを騒がせている泰葉さん。

離婚の記者会見で双極性障害を明かして以降、双極性障害を患う芸能人として有名になりました。

泰葉さんが患っている双極性障害とは、何が原因で発症する病気でしょうか?

治療法や再発の可能性についても、調べてみました。

yasuha

躁状態とうつ状態を繰り返すのが双極性障害!うつ病と診断された人の10人に1人が実は双極性障害だった

泰葉さんが患った双極性障害とは、気分が高ぶる躁状態と、気分が落ち込むうつ状態が、交代して起こる病気です。

躁状態の時は、短時間しか寝ていなくても、仕事がバリバリこなせ、アイデアが次々と浮かぶため、本人は、自分の状態がいつもと違う事に、なかなか気づきません。

病院を自ら受診する時は、普通、うつ状態に悩まされています。

うつ状態で病院を受診し、うつ病と診断された人の中には、双極性障害の人が、少なからずいます。

その割合は、うつ病と最初に思われていた人のおよそ10人に1人と言われています。

双極性障害は、100人に1人くらいの割合で、生涯に一度は罹るとされる病気です。

なりやすさに男女差は、ほとんど見られません。

スポンサーリンク

→浜口京子は発達障害やアスペルガー症候群?喋り方に特徴は見られるのか?

根気よく薬を飲み続ける事が肝心!躁とうつの波をコントロールするのが治療目標

双極性障害の治療法は、薬物療法が中心になります。

うつ状態に対しては、気分安定薬、一部の抗精神病薬、抗うつ薬などが処方されます。

躁状態の時には、気分安定薬、抗精神病薬が処方されます。

気分安定薬としては、リーマス、ラミクタール、デパケンなどが、よく使われています。

双極性障害では、躁とうつの波をコントロールする事が、治療目標になります。

注意したいのは、躁の波もコントロールする必要があるという事です。

患者の多くは、躁状態の頃を、「本来の自分の元気な姿」と考えています。

その結果、うつ状態が回復してきても、まだ回復していないと自信を無くしたり、躁状態の時に薬を飲まなくなってしまう事があります。

→サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!

再発の確率は高い!再発を繰り返すと治りにくくなる

双極性障害は、治療を中断すると、9割以上の人が再発すると言われています。

生涯に平均して10回程度再発を繰り返すとされています。

寛解した後も安心しすぎず、再発を予防するために、治療を継続する事が重要です。

最初の病相の時は、ストレスがきっかけになっている事が多いとされますが、再発を繰り返すと、次第に大したストレスでなくても、躁状態やうつ状態に陥るようになります。

最初の発症から次の病相までは、5年くらいの間隔が多いとされます。

再発を繰り返す度に、間隔はどんどん短くなり、ついには1年のうちに4回も5回も繰り返します。

自己判断で断薬しないようにする事が大切です。

→みやぞんの表情が気になる!ADHDやアスペの人は目が怖い?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ