注意欠陥多動性障害と言われる芸能人は?

注意欠陥多動性障害だったにも関わらず

芸能人として成功している人は

たくさんいます。

 

そもそも、

注意欠陥多動性障害というのは

大人になると症状が

治るケースの方が多いです。

 

したがって、

仮に自分の子供が

注意欠陥多動性障害にかかっていたとしても、

それを気に病む必要はありません。

 

親がただしいケアを

してあげることによって、

子供は健やかに成長していき、

自分の障害を克服していくでしょう。

 

しかし、

親が正しく障害について理解をしていないと、

成人になっても障害が

残ってしまうことがあるため

気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

トム・クルーズも注意欠陥多動性障害だった!?

 

たとえば、

トム・クルーズは

子供の頃に注意欠陥多動性障害だったと

されています。

 

そのために学習をするのが困難になり、

スポーツ選手の夢も

諦めることになったのですが、

演劇の道に進んだことによって

才能を開花させました。

 

 

注意欠陥多動性障害 芸能人

http://www.cinematoday.jp/image/N0065681_lより引用

 

彼はセリフを覚えることが苦手であり、

すべてのセリフをテープに吹き込んでもらい、

それを聞きながら覚えているそうです。

 

黒柳徹子さんは

子供の頃に

注意欠陥多動性障害

だったとされています。

 

自身の子供の時代のことを記した本が

出版されているのですが、

そこには授業中に集中できなかったり、

おしゃべりばかりをするといった様子が

記されています。

 

そんな黒柳徹子さんは

今では芸能人として

テレビタレントとして大活躍しています。

 

スポンサーリンク

 

子供の才能を伸ばすのが親の役目!

 

子供が注意欠陥多動性障害になっていたとしても、

その子供の才能を

上手く伸ばすことができれば、

色々な可能性が生まれるでしょう。

 

親は子供の可能性を

消さないようにすることが大切です。

 

注意欠陥多動性障害について正

しい理解をして、

具体的に

どのような子育てをすればいいのかを

理解しましょう。

 

芸能人でも

この障害を持っていた人がいるという事実は

勇気を与えてくれます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ