又吉直樹は才能の塊!天才に見られる幼少期5つの特徴

スポンサーリンク

『火花』で芥川賞を受賞し、第2作『劇場』も初版30万部スタートと好調な又吉直樹さん。

テレビでの活動も増え、マルチな才能を発揮しています。

才能の塊と言っても過言ではない又吉直樹さん。

幼少期には、周囲を唖然とさせるエピソードも多かったようです。

天才に見られる幼少期の特徴をまとめてみました。

matayoshi

特徴その1.集中したら時間を忘れる

又吉直樹さんは、小学校時代にカマキリ採取に熱中し、給食の時間に20分も遅れ、クラスメートを待たせた事があります。

熱中したら、自分の置かれている状況が見えなくなり、対象に没入してしまうのは、後日、天才と呼ばれる人たちに共通した特徴です。

自分の好奇心にストレートに反応し、好奇心に基づく行動に歯止めがかからない。

それが、常識的な枠組みを超え、才能を開花させる原動力になります。

天才に見られる幼少期の第1の特徴です。

→サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!

特徴その2.周囲に流されない

幼少期の又吉直樹さんは、友達がドッジボールに興じていても、たった1人で側で往復ダッシュをしていたそうです。

友達と同じ競技に加わる事が出来ても、友達がやっているから自分も加わるというスタンスでなく、自分のしたい事がある時は、やりたい事を優先する。

そのような選択が可能なのが、後日、天才と呼ばれる人たちに共通する特徴です。

周囲に流されず、自分の視点を持つ姿勢が、幼少期から垣間見られるのが天才です。

スポンサーリンク

→ 黒柳徹子の発達障害について!症状はどんなものなのか?

特徴その3.知的好奇心が読書によって培われる

天才と呼ばれる人は、等しく読書家です。教育機関が推奨する本にとどまらず、自分の知的好奇心を満足させてくれる本を、貪欲に読みます。

読書によって培われた知識や物の見方によって、さらに自分の世界を広げていくのが、天才です。又吉直樹さんも、少年時代から大人が驚くほどの読書家だったと言います。

時間があれば本を読んでいたと、高校時代の恩師が証言しています。

→イチロー選手にアスペルガー症候群の噂!真相についてはコチラ!

特徴その4.リスクを恐れない

天才が「天才」と呼ばれる業績を残すのは、普通の人間がリスクを恐れてチャレンジできない事に、挑むからです。

リスクの捉え方が、通常よりも低いレベルに抑えられているのが、天才と呼ばれる人に共通する特徴です。

そのため、幼少期には、他の子供がしでかさないような失敗もします。

→浜口京子は発達障害やアスペルガー症候群?喋り方に特徴は見られるのか?

特徴その5.能力の凸凹が目立つ

又吉直樹さんのようにマルチな才能を発揮する人も、学校の成績は芳しくないもので、国語だけが良い成績だったと言います。

天才と呼ばれ、成人してからは、多方面に才能を発揮する人も、幼少期は出来ない事が際立っています。

出来る事と出来ない事の差が目立つのが、天才の幼少期の特徴です。

出来ない事をうまくフォローしてくれる大人が、身近に居て、出来る事に集中できる環境が整えられているのも、天才を生むのに欠かせない要因です。

→甲本ヒロトに発達障害の噂があるけど本当?歌い方やパフォーマンスが原因?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ