自閉症の人は運転免許を取得して車の運転をしても大丈夫なのか?

自閉症でも運転免許は取れます

自動車運転免許証は、適性検査、実技試験、筆記試験を受けて合格すれば、18歳以上なら誰でも取れます。

つまり、きちんと試験を受けられること、そして合格できる技術と資格があれば、自閉症者でも免許証は取れます。療育手帳を持っているいないは関係ありません。

実際、免許を持っている自閉症者も多くいます。

 

スポンサーリンク

 

ただ、免許を取るのにほかの人より時間がかかることが多いようです。

また、実技や筆記試験で受かっても、適性検査でどうしても弾かれてしまう人もいるようです。

そういった場合にはあきらめざるを得ないでしょう。

これは自治体によりますが、こうした自閉症者や障害のある人に対して、特別に講習を開いていることもあります。

就労支援のひとつですね。

 

car

 

▶︎自閉症スペクトラム障害の支援

 

車の運転ができる……?

しかし、運転免許を取得しても、実際に実生活で車の運転をしている人がどれくらいいるかというと、それほど多くはないようです。

もちろん、運転しても問題はないのですが、「見ていて危なっかしいから」と家族に止められていたり、本人が運転を控えているケースも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

免許が取れたからと実際に公道で運転するかどうかは、本当に個人差によります。

ほとんど健常者と変わりない人なら、むしろルールが明確なので運転が得意である人もいます。

しかし、パニックになりやすい人や注意が散漫になりやすい人など、明らかに運転に向いていない人もいます。

 

また、「自閉症の人はものがすべて3Dに見えるので車の運転ができない」という説がありますが、これも個人差があるとしか言えません。

物の見え方に問題がある場合、そもそも運転免許が取れないと思われます。

したがって、運転できるか否かは本人の障害の度合いと家族など周囲の人の判断によります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ