自閉症ブログ!自閉症児りんりんの大騒ぎな子育て奮闘中の感想!

重度自閉症児の養育ブログ。

筆者は自閉症の男の子のお母さんです。

美容師として働くうえでの苦労も

相まって養育者自身が

抗うつ薬を服用しているそうです。

スポンサーリンク

 

りんりんのブログを読んだ感想

親の不安が我が子にも

伝わっているのかもしれないというところは、

障害児を養育する保護者なら、

一度は経験することとして

共感できるでしょう。

 

赤ちゃんと母親の手

 

自らが美容師だけに

カットを他の人は

どうしているのかと

気遣う記述もあります。
リスパダールと

睡眠薬を飲ませるための

具体的な工夫が

写真付きで紹介されています。

 

薬をいろいろな物に

混ぜると他の食べ物まで口にしなくなるが、

どうしたらいいかと

悩んでいる

自閉症児養育者の閲覧が多いようです。

 

成長するにつれて体も大きくなり、

暴れ方も激しくなるとの

悩みも具体的に記してあります。

 

そうした中で味わう密かな喜び。

遊びに進歩が見られたのです。

 

動物のおもちゃを

並べていただけだったのが、

動物たちの前に

食べ物のおもちゃも置くようになった

「りんりん」。

 

「動物さんは

ご飯を食べるっていう事を何処で覚えたのかな?

ちょっと嬉しかった」

という記述にほっと心が和みます。

 

スポンサーリンク

 

重度自閉症児を支える生き方

養育者にとって難しい判断を迫られるのが、

療育の医師と

療育施設の施設長の意見が食い違う時でしょう。

 

「りんりん」は本を

ことごとく破ってしまうのです。

 

医師は、

ストレス発散になっているんだったら、

破っても構わない雑誌を

与えればいいのではないかと言います。

 

施設長は、

今後も大事な本と

要らない本の区別はつかないだろうから、

定着して欲しくない行動は

すぐにやめさせるべきと言います。

 

筆者は「りんりん」の現状を踏まえ、

施設長の意見に同意します。

 

養育者自ら抗うつ薬を服用しながら、

重度自閉症児を支えようとする

生き方には

共感できることが多いと思います。

 

1・2・・>>次のページへ

 


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ