自閉症ブログ!まいちゃんとお喋りがしたいの感想!

高機能自閉症との

診断を3歳5ヶ月で受けた

子供の養育ブログ。

スポンサーリンク

ブログを読んだ感想

診断が出る前の不安感から始まっています。

「誰かに『成長しますよ、大丈夫』と言ってもらいたい」

という言葉には、

我が子が自閉症ではとの

危惧を抱いた親なら誰しも

共感することでしょう。

 

手を繋いで芝生を歩く母と子供

 

自閉症を疑うきっかけとなった症状として、

「あのね、あのね」という話しかけや

「~した」という報告が

無いことをあげているのは、

母親らしい細やかさが際立つ観察です。

 

「まいちゃんとお喋りがしたい」には

我が子の症状が細かく記されています。

 

高機能自閉症の診断を

下された子供を持つ保護者にとって、

どのような症状が出る可能性があるのかを

知る手掛かりが得られるブログです。

 

スポンサーリンク

 

印象深かった記事について

「まいちゃん」が

4歳の時のトイレのエピソードは、

愛情をもって接している

日々の積み重ねがあるからこそ、

必要な場合には

強引な行動もとりうるということを

知る印象深いものです。

 

4歳近くなって

いろいろなことを

怖がるようになった

「まいちゃん」。

 

全自動のハイテクトイレに入れません。

 

びっくりして

逃げ出した後は頑として

入ろうとしないため、

パパが「まいちゃん」の

気持ちが落ち着くのを待っている間に

漏らしてしまいます。

 

ママなら泣いても抱っこして強引に座らせ、

可能な限り早業で全てを済ませて

「ほーら、オシッコできたね!すっきりしたね!」

と出てくるのに。

 

自閉症児の気持ちを大切にしつつ、

現実的な問題を解決するうえで、

何を優先させたら良いのか?

 

養育者が日々直面する問題を

解決する糸口が

きっと見つかることでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ