米津玄師が高機能自閉症?アスペルガー症候群との3つの違い

yonezukenshi

多方面における才能とミステリアスなイメージで、若者を中心に熱い視線を集めている米津玄師(よねづ けんし)さん。

米津玄師さんは、幼い頃、コミュニケーションの取り方が分からず、学校に行きたくなかったと言います。

そして、20歳を過ぎてから「高機能自閉症」と診断されたそうです。

高機能自閉症は、アスペルガー症候群とどこが違うのでしょうか?

スポンサーリンク

高機能自閉症とは?3歳くらいまでに3つの障害が見られる

米津玄師さんが診断を受けたとされる高機能自閉症とは、知的発達の遅れを伴わない自閉症です。

知的発達の遅れを伴わないとは、おおむね「IQ70以上」である場合を示します。

文部科学省の定義によると、高機能自閉症は、3歳くらいまでに現れます。

その頃までに次の3つの障害が見られる場合、高機能自閉症と診断されます。

①他人との間に社会的関係を形成するのが困難

②興味や関心が狭く、特定の物に過剰なまでにこだわる

③言葉の発達が遅れている

「言葉の発達の遅れ」は、2歳までに単語を習得しているかどうか、3歳までにコミュニケーション的な語句を用いているかどうかが基準になります。

単語を習得していても、3歳までにコミュニケーション的な語句を用いる事が出来ていない場合、言葉の発達が遅れているとされます。

→イチロー選手にアスペルガー症候群の噂!真相についてはコチラ!

高機能自閉症とアスペルガー症候群の3つの違い!近年はあまり区別しないで扱う

高機能自閉症と診断された子供が、後日、アスペルガー症候群と診断される場合もあります。

高機能自閉症とアスペルガー症候群とは、どこが違うのでしょうか?違いは3つあげられます。

1.幼児期における言葉の発達の遅れが、高機能自閉症には認められるが、アスペルガー症候群には認められない

2.動作性IQと言語性IQを比べた時により高いのは、高機能自閉症が動作性IQ、アスペルガー症候群が言語性IQ

3.青年期になった時、言葉の発達が追いつくようになるのが高機能自閉症。

アスペルガー症候群では、青年期に言葉の発達について特に実感する事はない。

ただし、幼児期における言葉の発達具合の違いは、青年期までに大差が見られなくなる事が分かってきました。

そのため、近年は、高機能自閉症とアスペルガー症候群を、あまり区別しないで扱うようになってきました。

スポンサーリンク

→サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!

DSM-5では自閉症スペクトラム障害として1つにまとめられるようになった

現在、「高機能自閉症」も「アスペルガー症候群」も、診断名としては使われなくなっています。

それらの診断名は、アメリカ精神医学会の診断基準である「DSM-5」において廃止されました。

高機能自閉症もアスペルガー症候群も、「自閉症スペクトラム障害」の診断名のもとに統合されました。

「スペクトラム」とは、「連続体」を意味します。

高機能自閉症とアスペルガー症候群は、脳画像の研究では差異が認められません。

支援方法も共通である事が多いと言われています。

そのため、障害と障害の間に明確な境界線を設けない考え方が採用され、「自閉症スペクトラム障害」という診断名になりました。

→甲本ヒロトに発達障害の噂があるけど本当?歌い方やパフォーマンスが原因?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ