自閉症スペクトラム障害とは何か?遺伝が関係している?

「自閉症スペクトラム障害」。
まだ馴染みの薄い言葉です。
「スペクトラム」とは連続体ということ。

スポンサーリンク

自閉症スペクトラム障害について

自閉症の症状の現れ方の違いを

連続体としてとらえたのが

「自閉症スペクトラム障害」です。

閉まった鍵

 

自閉症には軽度のものから

重度のものまであります。

 

自閉症の中核症状は、

社会性やコミュニケーションに関する能力障害、

好奇心の狭さや想像力の乏しさ、

反復常同的な行動様式です。

 

この中核症状の現れ方が軽いものから

重いものまでいろいろなタイプの

自閉症があります。

 

軽度の社会性障害と

コミュニケーション能力障害を

特徴とするのがアスペルガー症候群。

 

社会性やコミュニケーション能力に

重度の障害が認められ、

好奇心の狭さや

反復常同的な行動様式が

顕著なのが本格的な自閉症。

 

アスペルガー症候群から

本格的な自閉症までを

連続体としてとらえた命名が

「自閉症スペクトラム障害(ASD)」です。

 

スポンサーリンク

 

自閉症スペクトラム障害の原因について

 

自閉症スペクトラム障害の

原因はまだ解明されていません。

 

従来の研究では遺伝子が

影響を及ぼしているとされてきました。

 

しかし、

リチャード・アニー(トリニティ・カレッジ)と

バーニー・デブリン(ピッツバーグ大学)による

最新の研究により、

自閉症スペクトラム障害と

関連性のある一般的な

遺伝子変異は無いことが

明らかにされました。

 

一般的な遺伝子変異単独での

影響は極めて小さいということになります。

 

自閉症スペクトラム障害は、

遺伝子的要因と

環境的要因の

複雑な組み合わせによって

引き起こされるとされています。

 

遺伝子的要因にしても

環境的要因にしても

どういうものがどのように

影響しあって

自閉症スペクトラム障害が発症するのか、

今後の研究成果に期待したいところです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ