統合失調症の診断基準や根拠について!DSMやICDって何?

統合失調症とは、

考えや気持ちがまとまりにくくなり、

そのために本人が苦痛や困難を感じたり、

回復のために治療や支援を必要とする状態です。

 

考えや気持ちがまとまりにくくなる

直接的な原因が無いのが特徴です。

スポンサーリンク

 

統合失調症の診断基準

 

統合失調症の

発症システムの解明は道半ばです。

根本的治療はまだ見つかっていません。

 

しかし、

薬や心理社会的な介入による

新しい治療法が普及して、

社会参加を目指した

リハビリテーションも進歩してきました。

 

早期に適切な治療を

行うことによって

社会参加を果たしている人も少なくありません。

 

笑顔の医師

 

治療の出発点となる診断。

その際に使われている基準として

国際的に認められているのは、

米国精神医学会による

診断基準「DSM-IV」です。

 

「DSM-IV」では、

妄想や幻覚、

支離滅裂な会話、

感情の平板化ないしは

意欲の欠如といった特徴的な症状が2つ、

1ヶ月の間ほとんどいつも現れることを

統合失調症と診断する基本としています。

 

ただし、

妄想が奇異なものであったり、

幻聴で2つ以上の声が

互いに会話しているものである場合には、

その症状だけでも統合失調症と診断されます。

 

障害が始まってから、

対人関係や仕事、

自己管理などの

いずれかの面で著しく能力が低下していることも

診断の際には重視されます。

 

スポンサーリンク

 

幻覚の症状が決めて!

 

幻覚は統合失調症の

診断の決め手となりやすい症状ですが、

統合失調症の幻覚とは見なされないものもあります。

 

入眠時に現れやすい「金縛り」と呼ばれる体感幻覚や、

入眠時に動物の姿などが見える幻視は、

統合失調症の幻覚とは見なされません。

 

また、

アルコールや有機溶剤吸引の結果として生じた幻覚、

身体疾患や投薬に伴って生じる幻覚も

統合失調症の症状とは見なされません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ