統合失調症と看護アセスメントのポイントは?

統合失調症の患者を

担当しだした看護師から、

しばしば困惑の声が聞かれます。

 

教科書で習ったことが通用しないという悩みです。

 

人間相手の仕事では

教科書通りの対応では

済まないことが多いとはいえ、

統合失調症の患者を前に

どう対応したら良いのかと

悩む新人看護師が多いのも実情のようです。

 

統合失調症の急性期の

看護アセスメントのポイントを5つあげてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

統合失調症の急性期の看護アセスメント5つのポイント

 

1.患者に積極的な関心を示し、

否定的な言葉は掛けないようにしましょう。

統合失調症は「アンテナの病い」と呼ばれることもあります。

患者は看護師の何気ない仕草をも重要視してしまうことがあります。

また、心に批判ダコができている患者も少なくありません。

批判は避けてください。

 

2.患者が他者との間にとろうとしている距離をつかみ、

近づき過ぎないようにしましょう。

患者を興奮させる刺激を減らすことが重要です。

患者には触れないようにすることも大切です。

 

3.患者の現実行動に対しては具体的な指示を与え、

できたことを確認してそれでいいことを伝えましょう。

できたことを確認してそれでいいと伝えることで患者は安心します。

指示を与えるだけではいけません。

また、患者が指示に従えなかったら、

指示の与え方をさらに細かく具体的なものにする必要があります。

 

スポンサーリンク

 

4.幻覚や妄想に関しては内容に触れないことが大切です。

否定しても肯定してもいけません。

否定は看護者への不信感を招き、

肯定は幻覚や妄想の確信につながります。

看護者はゆったりとした気持ちで患者の訴えを傾聴することが大切です。

傾聴は否定も肯定もせずに話を受け止めることです。

 

5.家族が疾病を理解できるように手助けし、

家族の不安を受け止めることが必要です。

家族が対応できるように手助けするとともに、

家族が対応に行き詰まった時に

どうしたら援助を求められるかということについても

看護者は指導することが望まれます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ