統合失調症ブログ!統失家族の闘病日記の感想

統合失調症を

患う長男を支える父のブログです。

 

淡々と日々の出来事を記す行間に

統合失調症を患う我が子を想う心が滲むブログです。

 

スポンサーリンク

 

統失家族の闘病日記の感想

 

2008年から繰り返している入退院。

長男に病識はありません。

 

退院すると、

服薬を拒否するため、

幻覚や幻聴、

妄想に悩まされ、

突然暴力をふるうこともしばしばあります。

 

海边的父子

 

社会復帰を

目指して再度チャレンジするグループホーム。

 

ケースワーカー、

グループホーム、

主治医それぞれとの意思疎通がうまくいかず、

筆者は落ち着かない毎日を過ごします。

 

統合失調症を取り巻く医療と

福祉の実態が明かされる記述が続きます。

 

ただでさえ心労が多い家族が、

統合失調症患者の退院および

グループホーム入所という大事な場面で

翻弄される姿は深刻な問題を突きつけています。

 

統合失調症患者が

社会復帰する道のりの険しさが

感じられる状態です。

 

スポンサーリンク

 

グループホームではやっていけないかも…

 

印象深いのは、

退院間近の出来事。

 

外出許可が出た長男と家族で食事に出かけます。

 

混み合った店内。

なんとか料理が来るのを待つことができたものの、

長男は好きなスパゲティを残してしまいます。

 

その後、

不穏状態になり、

走っている車のドアを

開けて降りようとしたりします。

 

無事に病院に我が子を連れ戻した夕方、

長男からの電話を受けた筆者は

義父からの電話と勘違いし、

「家に帰りたい」

「犬見つかった」と聞き間違えます。

 

「家に帰りたい」だったと気づいて、

ふと「長男はグループホームでやっていけないかも知れない。」と思う筆者。

 

当て所なくさまよう我が子の心が

自分の元に帰ってくるのを待つ父の

心情が溢れるブログです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ