女性の軽度知的障害の支援や悩みについて!

スポンサーリンク

女性の権利や自立が叫ばれる中で、女性の軽度知的障がい者の貧困やそれに伴う問題が徐々に浮き彫りになってきています。

女性ならではの悩みや、行わなければならい支援にはどういったものがあるのでしょうか。

adhd

知的障害の女性は搾取されやすいという現実

現在、知的障害に対する支援は一昔前よりもずいぶん進んできたといえます。

しかし、その一方で知的障害の女性に対する支援は遅れを取っているようです。

もちろん、支援団体もそこに力を入れようとしていますが、軽度知的障害の女性は支援団体などから発見されにくいのです。

まず、男性の場合と違って女性は防犯上ほぼ野宿ができません。

そのため、漫画喫茶などで寝泊まりすることになり男性よりも早く貧困に陥りがちです。

そして、そういった住む場所をなくした女性たちに住む場所を提供する代わりに、安い給金で夜の店などで働かせるケースが後を絶ちません。

こういったケースで問題になるのは単純な性的搾取だけではなく、金銭的な被害も多いです。

契約書などの複雑な書類の内容を、本人たちが理解できないままハンコを押させたりサインをさせたりすることで、無関係な借金を背負わされるケースもあります。

こうやって対外的には住む場所や仕事を手に入れていることで支援団体からは見えなくなり、実際には搾取され続けるという悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサーリンク

▶︎知的障害の種類について!最重度知的障害とは?

軽度知的障害ならではの悩みも…

こうやって性サービスなどで働かされている軽度知的障害者の女性の多くは、「本当は普通に働きたかったが仕事についていけず、サポートも受けられなかった」という過程を踏んでいることが多いです。

軽度知的障害は区分でいえば知的障害に分類されるので、療育手帳を取得すると障がい者枠での就職が可能になります。

しかし、軽度知的障害は健常者とほとんど変わらず日常生活が送れることもあって、知的障害であることを認めたがらないこともあります。

学生など早い段階から、こういった支援団体の存在や就職支援などを周知し、もし貧困に陥ってもどこに助けを求めればいいかを知らせておく必要があります。

▶︎赤ちゃんや子供の重度知的障害の特徴や症状は?寿命はどのくらい?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ