軽度知的障害者の仕事は?就職先で多いのは×××だった!

スポンサーリンク

軽度知的障害者の場合の大きな困りごとの1つに「雇用問題」があります。

自分自身が軽度知的障害者でなくても、家族にいたりする場合も同じように悩む事柄の一つと言えるでしょう。

軽度と言えども知的障害者なりの出来る事、出来ない事が有る訳なので、どの仕事も選択できるかと言えば現実は難しかったりします。

では、軽度知的障害者が就職する際に一番採用数が多いのはどの業種なのでしょうか?

imbecility

軽度知的障害者の仕事で就職先として多いのは?

では、軽度知的障害者で就職しやすい職種は何でしょうか?

答えとしては「複雑ではない仕事」と言う言葉が一番しっくり来るでしょう。

一昔前は一般企業も軽度知的障害者に対しての、認知や受け入れ態勢が整っていませんでした。

なので今よりも就職出来る幅が狭かったと思います。

しかし、現在は一般企業側にも理解が出来て、軽度知的障害者でも出来る部署を構築したりなどして、うまく雇用している企業も多くなりました。

スポンサーリンク

▶︎知的障害の結婚や出産についての注意点は?子供に障害は遺伝する?

軽度知的障害者と言えでも人それぞれの個人差がある

では、軽度知的障害者が就職に対して悩んでいる場合、どのような対処をしていけば良いのでしょうか?

個人的には「軽度知的障害者であろうが、健全者だろうが同じ」と考えています。

つまり軽度知的障害者にも個体差があります。

出来ること出来ないことは人それぞれです。

ですので実際には現場に飛び込んで見ないと分からないものだったりします。

これは健全者にも当てはまります。

やってみたいことであっても知識や経験がなければ、働いてみないと見えてこない部分がたくさんあります。

▶︎赤ちゃんや子供の知的障害の特徴は大人と何かが違うのか?

軽度知的障害者だからと考えすぎない事も大事

このように考えると、軽度知的障害者として個々を尊重するのならば、「やってみたいことをまずはチャレンジしてみる」が一番重要だと思います。

色々と挑戦してみて、出来ること出来ないことも見えてきたりもするでしょうし、また出来なかったことも出来る可能性だってあります。

たった一度の人生を軽度知的障害者だからと萎縮せずにまずはやってみたいものへ進んでいくことをお勧めします。

▶︎幼児の軽度知的障害の人の顔の特徴は×××なのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ