発達障害の子は音に敏感!聴覚過敏ってどんな症状?

スポンサーリンク

発達障害の人に見られる特徴の1つが、音に過敏な事です。

子供の場合、音に敏感な事から、発達障害が疑われるケースもあります。

音に敏感という症状は、「聴覚過敏」と呼ばれます。

聴覚過敏とは、どんな状態でしょうか?

adhd

耳を塞いだり泣き叫んだりして嫌がるのは音が響くから

聴覚過敏は、発達障害の子供ばかりでなく、大人になっても、見られる症状です。

子供では、具体的には、2~3歳になると、高い確率で、聴覚過敏が見られるとされています。

耳を塞ぐ、泣き叫ぶなど、激しい拒絶ぶりで、周囲の大人を驚かせます。

お祭りやデパートに連れて行くと、1時間も経たないうちに、青い顔をして、「帰る!」と言い出し、親を困惑させます。

「うるさい」「頭が痛い」子供は、そうした表現しか出来ません。

聴覚過敏に悩まされている大人によると、

耳に音が刺さって、脳が震える感じ

頭の中で音が反響する感じ

などと表現されます。

「音が響く」という状態が、聴覚過敏のキーワードになります。

→発達障害の子は絵が下手・字が汚い・不器用は本当?

特定の音に反応するわけではない⁉︎引き金は不安感!

発達障害の子供が敏感に反応する音は、「低い音より高い音」という傾向があるとされます。

ただし、一定の音に、毎回、反応するわけではありません。

ガヤガヤとした話し声でも、公文の教室なら平気で、突然連れて行ったお祭りだと拒絶感が強いといった事が、少なくありません。

大人がうるさいと感じる消防車のサイレンに対して、ケロリとしている事もあります。

工事現場の重機の音に、何の反応もしないケースも、珍しくありません。

音に過敏な発達障害の子供に、聴覚過敏に苦しんでいる時の気持ちを尋ねると、「不安」という言葉が、出てきます。

「いったい、何が起こるのだろう?」

「何をされるのだろう?」

「この状態が、いつまで続くのだろう?」

見通しの立たなさが原因となった不安感にとらわれている時、音に敏感に反応しやすいのが、発達障害の子供です。

スポンサーリンク

→発達障害の乳幼児・子供・大人それぞれに特徴はあるのか?

耳栓やイヤーマフの選び方と使い方!心がけたいのは不安感の緩和

聴覚過敏に悩まされる場合、耳の奥が痛くなり、頭痛がしたりします。

子供の苦痛を和らげるために、耳栓やイヤーマフを使わせるというのも、1つの実践的な対処法です。

耳栓やイヤーマフは、次の3点を重視して、選びましょう。

1.耳の大きさに合っている事

2.使用していて、痛くない事

3.苦手とする音をカバーしてくれる遮音性能がある事

ただし、常に耳栓やイヤーマフを使うのは、慢性的な聴覚過敏の原因になります。

耳は、本来、音を聞くためにあります。

その機能を抑制し続けると、音を伝えるシステムに摩擦を生むためです。

不安感が和らげば、発達障害の子供は、少々の音には耐えられます。

見通しを示して、発達障害の子供の不安感を和らげてあげましょう。

→5歳児の癇癪は発達障害の可能性!かんしゃくの対処法は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ