発達障害の療育とは?いつからどんな事をするの?改善されるか知りたい

スポンサーリンク

最近、よく聞かれるようになった発達障害。

脳の発達が、通常と異なる状態の事です。

定型発達の子供とは、違った感じ方や考え方をする発達障害の子供。

ママが最初に感じるのは、「なんとなく育てにくい」という事のようです。

視線が合わない、名前を呼んでも振り向かない、神経過敏で寝てくれない、一時たりとも目が離せないなど。

そうした状態を改善するために勧められているのが、療育です。

adhd

社会に適応した行動がとれるようにするための治療と教育

療育とは、治療と教育のことです。

治療と教育の目的は、発達障害の子供が社会に適応した行動がとれるようにすること。

発達障害の子供は、社会生活を送るうえで困難を抱えます。

その困難を緩和するために行われる、専門的な教育支援プログラムが、療育です。

療育は、発達障害の子供の身辺自立訓練を中心とします。

自分で自分のことができるようにし、周囲に自分の要求を伝えたり、自分の気持ちを伝えたりする方法を身につけます。

子供が何に困っているのかによって、アプローチの仕方は異なります。

言語聴覚療法、作業療法、理学療法を組み合わせ、できることを増やしていきます。

多いのは、自分の要求を周囲に伝える訓練。発達障害の子供は、自分の要求をうまく周囲に伝えられません。

発語がなかったり、指さしをしなかったりします。

要求を伝えられない発達障害の子供に対して、近年、よく行われているのが、PECS(ペクス)と呼ばれる絵カードの受け渡しによるコミュニケーション訓練です。

療育とは、発達障害の子供の自立を促すためのサポートです。

発達障害の子供を最も身近でサポートするのは、親です。

療育では、家族に対する教育や相談も行います。

我が子の行動の意味が分かるようになり、育児の大変さが緩和されたと好評です。

療育を受けることで、どのように子供に接したら良いのかのヒントが得られ、親子関係が良好なものになると言います。

スポンサーリンク

▶︎母親の腸内細菌と発達障害の××な関係性!

健診で指摘されたら、すぐに受けるのが好ましい

発達障害の可能性を指摘される最初のきっかけは、1歳6ヶ月健診のようです。

視線が合わない、指さしをしないといった行動の特徴から気づかれます。

発達障害かもしれないと指摘されたら、自治体の保健福祉課や保健センターに相談しましょう。

発達障害専門の医師を紹介してもらえます。

発達障害専門の病院には、療育を行っているところが少なくありません。

保健センターにも療育の教室を開いているところがあります。

発達障害と診断されたら、すぐに療育を受けるようにしましょう。

早期療育に力を入れている自治体が多いので、幼い子供ほど、療育を受けやすい環境が整っています。

療育を受けるには、児童発達支援等の受給者証を取得する必要があります。

保健福祉課の窓口で申請を受け付けていることが多いようです。

児童発達支援等受給者証を取得すると、療育にかかる費用の補助が受けられます。

誤解されやすいのが、療育手帳です。療育を受けるのに、療育手帳は必要ありません。

療育とは、発達障害の子供が順調に社会生活を送るための支援です。

療育を早期に受けると、脳が活性化され、できることが増えます。

できることが増えることで、適応障害のない状態で成長することが可能になるとされています。

▶︎発達障害の二次障害とは?よくある問題事例と治療や対応について !


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ