発達障害の2・3・4歳児の特徴と原因について!

「発達障害」。

最近よく聞く言葉です。

「発達だね」という言葉さえ

聞くことがあるほどです。

 

よくは分からないまま、

言葉だけが一人歩きしているような「発達障害」。

どのような疾病なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

3歳前後にはっきりしやすい発達障害

 

発達障害は、

子供が発達していく過程において

問題が生じてくることです。

 

おどける小さな女の子

 

主に問題が生じるのは

対人関係技能とコミュニケーション能力です。

 

精神的な症状ではありません。

 

定型発達の子供では、

2歳になった頃から

自分自身の存在を

意識できるようになり、

自分がどんな人なのかを考え始めます。

 

自我の始まりです。

3歳になる頃には、

他の人の気持ちや

状態をある程度は

理解できるようになります。

 

3歳児はすでに

自分で何処へでも

移動できるようになっています。

 

しかし、

親が危険を回避するために

子供の行動を制限することも多く、

子供と親との間に衝突が生じやすくなります。

 

第一反抗期です。

 

第一反抗期を経て子供には

自分の感情をコントロールする力が培われます。

 

だいたい4歳くらいのことです。

 

発達障害は、

こうした自我の始まりや自律の育成がかなり遅れます。

 

スポンサーリンク

 

先天的要因が強いのが原因

 

発達障害は先天的要因が強い疾病ですが、

3歳くらいになると、

次の症状が目につくようになります。

 

視線が合わない、

指差しで自分の関心や要求を示さない、

人真似をしない、

ごっこ遊びをしない、

そばに同じくらいの年頃の

子供がいても関心を示さずに一人遊びにふける、

物の一部や特定の行動に異常にこだわる、

順序を変更すると混乱する、

突然笑いだしたり泣きだしたりする。

 

こうした症状が目立つようなら、

発達障害を疑って地域の相談センターや

病院の小児精神科で専門家の意見を求めるようにしましょう。

 

また、

言葉の出方も遅いことが

多いとされています。

2歳半になっても言葉が出ないようなら、

注意が必要でしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ