注意欠陥多動性障害の幼児の特徴!4・5・6・7歳児について!

注意欠陥多動性障害は

近年注目されている子供の障害の一つです。

普通の子供とは異なる部分があるため、

きちんとケアをしてあげなければいけません。

 

親や教師が

きちんと理解をしてあげることによって、

注意欠陥多動性障害の

子供が生活しやすくなります。

 

乳児期や幼児期に症状が現れることが多く、

それによって子供が

この障害にかかっていることが分かります。

 

スポンサーリンク

 

幼少期の特徴

 

4歳時から7

歳時までの幼児期の特徴としては、

集団から外れた

行動を取ることが多い点です。

 

規律を守って行動することが苦手であり、

たとえば順番を待つことができません。

 

一つのことに集中することができず、

人の話を聞いていないことが多いです。

 

 

女の子

 

発達性言語障害にかかっていることがあり、

理解力はあるのですが、

表現力が劣っています。

 

また、

発達性協応運動障害という

微細な手の動きが上手くできずに

イライラする症状が出ることもあります。

 

その他には、

ムラッ気が激しいために

すぐに気分が変化して、

動作が乱暴となることがあります。

 

迷子になりやすいという特徴があり、

それにも関わらず本人はケロッとしています。

 

スポンサーリンク

小学生の特徴は!?

 

小学校に入学した後のケースとしては、

授業中にぼーっとしていることが多かったり、

先生の言うことを

聞かずに勝手な行動を取りやすいです。

 

また、

好きな授業では

きちんと授業を受けるのですが、

嫌いな授業では途端に態度が悪くなります。

 

運動能力が劣っていることが多く、

それをきっかけとして

自信を喪失してしまったり、

自尊心が低下してしまうこともあります。

 

このように色々な症状を示すため、

親はきちんと子供のことを見て、

注意欠陥多動性障害の兆候があるならば

注意しなければいけません。

 

大切なこととして、

親が勝手な診断をするのではなくて、

最終的な判断は医師に任せるべきです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ