学習障害IT塾ホームスクールとは何?

自宅でITを利用した学習をしていた場合、

不登校生でも

出席扱いになるということをご存知ですか?

 

平成17年7月6日付け

文部科学省初等中等教育局長通達に

定められた扱いです。

 

学習障害から不登校になってしまった児童や

生徒に新しい可能性を拓く

学習支援方法として注目されているのが、

「IT塾ホームスクール」です。

 

スポンサーリンク

 

学習障害に対応するIT塾ホームスクール

 

教師はCGキャラクターではありません。

実際の講師が黒板を使って

授業する様を撮影しています。

 

自分が実際に授業を学校で

受けているのに近い感覚を得られます。

 

受講は24時間いつでも自由。

 

教科書の改定があるたびに内容はリニューアルされています。

 

 

Office workplace with wooden desk.

 

学習障害の児童や生徒には、

集中力が長時間保たない、

学習初期の段階でのつまずきを克服できていない、

記憶力に問題を抱えているという傾向が見られます。

 

この3つの問題に適応する支援を

「IT塾ホームスクール」では行なっています。

 

まず集中力の問題。

「IT塾ホームスクール」では

教科書1ページ当たり5~10分間で説明しています。

 

スポンサーリンク

 

学習障害の児童や生徒も

十分集中できる時間です。

 

自分の集中力に合わせて

学習を進めることができます。

 

つまずきへの対応は、

「IT塾ホームスクール」の最も得意とするところです。

 

自分がつまずいた学年にいつでも

戻って学習しなおすことができます。

 

つまずいた学年に戻って学習しなおすことで

理解力をつけることができます。

 

また「IT塾ホームスクール」では

図形や絵を多く用いて右脳に働きかける工夫をしています。

 

記憶力に困難さを抱えている児童や

生徒も記憶しやすい授業展開です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ