境界性パーソナリティ障害の噂のある有名人や芸能人について!

境界性パーソナリティー障害は、

自分と他者との関係に

安定的なイメージを持つことが出来ない、

感情を制御することが出来ない、

衝動的に自分を傷つける行為をする

といった傾向が

成年初期から顕著になる障害です。

 

英名から「ボーダーライン」

と呼ばれることも多い

パーソナリティー障害です。

 

スポンサーリンク

 

境界性パーソナリティー障害を知るには

 

かつて世界中でベストセラーになった

『思春期病棟の少女たち』は、

10代の頃に境界性パーソナリティー障害と

診断されたスザンナ・ケイセンの自叙伝的小説です。

 

境界性パーソナリティ障害 有名人

http://blogs.yahoo.co.jp/nobu19590321miki/12301078.htmlより引用

 

この『思春期病棟の少女たち』

に惚れ込んだウィノナ・ライダーが

主演および制作総指揮をしたのが

「17歳のカルテ」です。

 

自身も境界性パーソナリティー障害で

入院歴もあるウィノナ・ライダーは、

映画化する権利を買い取って

「17歳のカルテ」の制作にも参加したそうです。

 

迫真の演技は

境界性パーソナリティー障害を知ろうとする時に

非常に参考となります。

 

スポンサーリンク

 

境界性パーソナリティー障害は、

パーソナリティー障害の類型の中では

最も研究が進んでいる障害です。

 

2000年代に入った頃から啓発本などによって、

一般社会でも

境界性パーソナリティー障害の存在は

広く知られるようになりました。

 

しかし、

病名が普及するにしたがって、

意図しないところで

ネガティブなイメージも

高まっていった傾向があります。

 

患者本人ばかりでなく、

周囲の人間も

「境界性パーソナリティー障害」という

病名にある種の嫌悪感を持つことが多いと言います。

 

この傾向は医療関係者の間にも見られ、

不必要に忌避的になる

医療従事者も少なからずいると言われます。

 

イメージで有名人や

芸能人を境界性パーソナリティー障害と

噂するのは慎みたいものです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ