カサンドラ症候群の原因は?治療で完治は可能なのか?

スポンサーリンク

カサンドラ症候群はアスペルガー症候群の人を近親者に持つ人なら、誰にでも起こる可能性があります。

カサンドラ症候群とその治療法について、詳しくご紹介します。

kasandora

カサンドラ症候群とアスペルガー症候群の関係とは?

カサンドラ症候群はアスペルガー症候群の人を近親者に持つ人が、相手とコミュニケーションを取れないために孤立し、心身に不調をきたした状態のことです。

アスペルガー症候群では、コミュニケーション能力の低さがしばしば問題になります。

他人とコミュニケーションが取れないことで、孤立化したり孤独を強く感じたりしますが、日常よく接する人にとってもコミュニケーションが取れないのは同じです。

カサンドラ症候群は特に配偶者にアスペルガー症候群の人を持つことが多いとされるのは、このためです。

また、カサンドラ症候群は他者に理解してもらいにくいというのが特徴です。

たとえば、アスペルガー症候群の夫を持つ妻が、夫とコミュニケーションが取れずに悩み、友人などに相談をもちかけたとします。

しかし、アスペルガー症候群は見かけではわかりませんし、日常でコミュニケーションが取れないことがどういうことなのか、理解してくれる人は多くありません。

多くの場合は、「考えすぎ」とか「よくあること」と流されて、カサンドラ症候群の人はさらに孤独に陥ってしまうことになります。

スポンサーリンク

▶︎カサンドラ症候群とは?症状をチェック!

カサンドラ症候群の治療とは?

カサンドラ症候群では自律神経失調症やパニック障害が起こりますが、それぞれに対応した治療法が求められます。

多くは薬物療法とカウンセリングといった治療法を組み合わせますが、根本的な原因はアスペルガー症候群を持つ近親者とコミュニケーションが取れないことにあるので、カウンセリングなどが進むうち、一緒に治療を受けるように勧められることもあるでしょう。

カサンドラ症候群の人は、上手く相手の気持ちを汲み取ってやれない自分を責めがちですが、アスペルガー症候群という障害が原因なので、本来はどちらも悪くはないのです。

コミュニケーションがうまくいくように、お互いが歩み寄り努力していくことでカサンドラ症候群の症状もおさまっていきます。

▶︎アスペルガー症候群の特徴が噂される芸能人は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ