カサンドラ症候群とは?症状をチェック!

スポンサーリンク

カサンドラ症候群を知っていますか?

近しい人にアスペルガー症候群の人がいる場合、カサンドラ症候群に陥ってしまっているかもしれません。

young Couple not talking after  fight  in living room

カサンドラ症候群って何?

「カサンドラ症候群」とは、アスペルガー症候群の夫を伴侶にもつ妻が、夫とコミュニケーションが取れずに孤立し、孤独から精神や体を病んでしまう状態を指します。

元は、アスペルガー症候群の夫とそうではない妻に当てはめられていましたが、もちろん逆の立場もありますし、恋人や親子関係の場合もあります。

あらわれる症状は様々で、自律神経失調症、自己喪失感、罪悪感、抑うつ、パニック障害などが考えられます。

そのほか、偏頭痛や体重の増減など身体的な症状も見られます。

注意が必要なのは、「カサンドラ症候群」というのは病名ではないということです。

たとえば、自律神経失調症やパニック障害が起きている場合、あくまで病名は自律神経失調やパニック障害だと診断されます。

アスペルガー症候群の近親者と、コミュニケーションが取れないことによる孤立が原因になっているか否か、がポイントになります。

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群の夫の特徴とは?旦那のあの行動をチェック!

カサンドラ症候群のチェックポイント

カサンドラ症候群のチェックポイントは3つあります。

1.2者間の少なくとも一方が、低いEQ(自分や他人の感情を知覚し、自分の感情をコントロールする知能のこと。心の知能指数とも呼ばれる)を持つか、感情の自覚や表現が下手である。

2.その結果、コミュニケーションがうまく取れない。

3.1と2が原因で精神的、身体的な苦痛を感じている。

カサンドラ症候群はまず相手がアスペルガー症候群かどうかを判別しなくてはいけないため、判定がとても難しいです。

アスペルガー症候群の自覚がない人間を病院につれていくのが、困難を極めます。

そして、アスペルガー症候群は基本的に治りません。

特に自覚がない場合、本人も変わろうとはしないでしょう。

アスペルガー症候群の場合、相手に変わることを期待するのは難しく、こちらが接し方を変えるしかありません。

極端な話になりますが、別々の道を歩むことも必要になることがあります。

▶︎アスペルガー症候群の特徴は目つきにあった?目つきでアスペが本当にわかる!?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ