豊田真由子議員の性格!女性のアスペルガー症候群の特徴と似ているのか分析

スポンサーリンク

暴言や暴力で、世間の批判を浴びている豊田真由子議員。

耳を疑う暴言には、「性格に難があるのではないか?」「アスペルガー症候群の可能性があるのかも」といった声が、あがっています。

豊田真由子議員の性格は、女性のアスペルガー症候群の特徴と似ているところがあるでしょうか?

悩む女の子

アスペルガー症候群の症状の現れ方は男性と女性で微妙に異なる

アスペルガー症候群の特徴は、場の空気が読めず、相手が何を考えているのかを察する事が困難という点にあると、普通、考えられています。

ただし、これは、男性のアスペルガー症候群に顕著な特徴です。

女性のアスペルガー症候群では、典型的なコミュニケーション障害は、少ないと言われています。

つまり、コミュニケーションが得意ではないものの、全く出来ないというほどではないのが、女性のアスペルガー症候群です。

女性のアスペルガー症候群では、交友範囲は、いたって狭いものの、誰も友達がいないというわけではありません。

数人は、友達と呼べる人がいるのが普通です。

友達は、同性とは限りません。

アスペルガー症候群の女性は、むしろ、男性と友達になるのが、上手です。

男性との会話なら、目的や結論がはっきりしているので、苦痛に感じないという、アスペルガー症候群の女性は、稀ではありません。

→サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!

豊田真由子議員は思春期に同性とガールズトークをしていた!普通に恋愛への憧れがあった女の子だった

豊田真由子議員が、騒動を起こし、政治家として苦境に立たされた頃、豊田真由子議員と中学から大学まで一緒だったという、田中絵里緒さんが、自らの知る豊田真由子議員の青春時代の姿を、明かしています。

田中さんが明かした豊田真由子議員は、ごく普通に恋愛に憧れ、同性の友達とガールズトークをしていた女の子です。

男性との接点は、疑似恋愛。

思春期らしい危なっさしさを感じさせつつ、一人の女性として異性への関心を高め、いつしか自分の父親と似たタイプの男性に惹かれてしまう、ごく普通の女の子としての姿が、田中さんによって明らかにされています。

男性との会話の方が心情的にしっくり来るというような事は、思春期の豊田真由子議員には無かったと考えられます。

スポンサーリンク

→浜口京子は発達障害やアスペルガー症候群?喋り方に特徴は見られるのか?

暴言は自分の部下に限られている!相手による言葉の使い分けが出来ているのはアスペルガー症候群ではない

豊田真由子議員は、常識を疑う暴言によって、一躍有名になりました。

耳を疑う非常識な発言のため、「相手の気持ちが分からない障害なのではないか?」との疑問を生みました。

アスペルガー症候群を疑う声は、その素朴な疑問の結果です。

豊田真由子議員の暴言は、自分より目下や格下の相手に限って出るのが、特徴です。

同じ秘書でも、自分の部下に限って、暴言を吐きます。

自分が助力を仰がなくてはならない政治家の秘書には、大層丁寧に接したと言われています。

もし、豊田真由子議員がアスペルガー症候群ならば、暴言が出る相手は、部下に限定されません。

後援会の人にも、トンチンカンな事を言う事があったものと考えられます。

そうした苦情が、今回の騒動を経ても、なおかつ聞こえてこないのは、豊田真由子議員が、それなりに場の空気を読んで行動していた事の現れです。

相手による言葉の使い分けが出来るのは、アスペルガー症候群の特徴と異なります。

→アスペルガー症候群!大人の女性の外見的特徴は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ