藤井聡太プロ!発達障害やアスペルガーは集中力が凄い?

スポンサーリンク

中学2年生でプロ棋士となった藤井聡太棋士。

史上最年少棋士です。

2016年12月24日にデビュー戦を迎え、現役最年長の加藤一二三九段を相手に白星を飾って、時の人になりました。

一部で、発達障害を疑う声も上がっていますが、発達障害の人は、集中力が凄いのでしょうか?

fujiisouta

藤井聡太プロの素顔!母が語った生活能力の低さ

天才少年の素顔は、意外なものです。

藤井聡太棋士の母親は、息子の一面を、「生活能力が低い」と評しています。

一例としてあげられたのは、中学入学間もない頃のエピソード。

大阪に一人で泊まりがけで行った藤井聡太プロは、服と傘を将棋会館に全部忘れて帰ってきたそうです。

そうしたエピソードが、将棋における天才的な能力とのギャップを際立たせ、発達障害の噂を生んだのかもしれません。

ただし、加藤一二三九段との対局後のコメントを見ると、自分が置かれている棋士界での立場を踏まえた、礼儀正しい内容になっています。

スポンサーリンク

→サヴァン症候群!高橋みなみの絵が凄すぎると話題に!山下清を超えたか!

 

発達障害は集中力が凄い!過集中の強み

ADHDとアスペルガー症候群の人には、過集中の状態に陥る人が、多いとされています。

過集中とは、集中しすぎることです。

集中しすぎて、寝食を忘れる、トイレに行くことさえ忘れるといった状態が、過集中です。

ADHDの人では、自分がやりたいことやその時興味を抱いたことに、極度の集中力を示します。

アスペルガー症候群の人は、限定された関心事に対して、継続的な集中力を示す傾向があります。

集中の仕方が、通常のレベルをはるかに超えているため、雑音の中でも集中力を発揮します。

何時間でも続けて作業します。

藤井聡太プロのように専門的な知識を習得し、高度な能力を発揮することもあります。

その結果、社会的な賞賛を勝ち得るケースがあります。

→島崎遥香(ぱるる)にアスペルガー症候群の噂!これはやはりそうかも⁈

 

過集中の困った側面!対策はどうしたら良い?

過集中は、日常生活に困難さももたらします。

特に、ADHDの人に、困った感が強いようです。

過集中の最中は、万能感に満たされますが、その感覚が薄れる瞬間が訪れます。

その瞬間をきっかけに、やる気が失せます。

虚脱状態に陥ります。

過集中が続いている間は、寝食を忘れるため、健康を害することもあります。

スケジュールが狂うことは、日常茶飯事です。

集中力の切り替えができないことで、社会生活に支障を来たすことが、少なくありません。

過集中の際に注意を切り替えるには、タイマーを利用すると良いとされています。

また、身近な人に声を掛けてもらうのも、有効です。

→黒柳徹子の発達障害について!症状はどんなものなのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ