アスペルガー症候群!職場での円滑な対応について!

アスペルガー症候群の人は

特定の分野に人並み外れた集中力を示し、

決められたことはきちんとこなすので、

適職では優れた成果をあげることも少なくないようです。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の人を職場でサポートする3つの心得

 

営業や接客には向きませんが、

コンピュータ関係や

プログラム関係には適性を示すことが

多いとも言われています。

 

忙しすぎるビジネスマン

 

アスペルガー症候群の人が

持てる能力を発揮できるように

職場で支援するには、

どのようなことに配慮したら良いのでしょうか?

留意したいことは3つあります。

 

スポンサーリンク

 

1.スケジュールを見やすいところに掲げておきましょう。

アスペルガー症候群の人はスケジュール管理が苦手です。

 

1日の流れを細かく示してあげると、

次に何をしたら良いのかが分かり、

働きやすくなります。

 

普通なら鬱陶しく感じるくらいに細かく示した方が働きやすいようです。

 

また、スケジュールの変更があったら、

直ぐに伝えるようにしましょう。

アスペルガー症候群の人は変化への対応に時間がかかります。

 

2.指示は簡潔にし、

一度に複数の指示を出すのは控えましょう。

 

長い指示を出されると混乱しやすいので、

指示は要点を絞って簡潔に出してください。

 

一つずつ指示した方がアスペルガー症候群の人は混乱が少ないようです。

 

3.大事な指示はメモして渡しましょう。

 

アスペルガー症候群の人は聴覚能力に障害があります。

口頭の指示をメモすることが困難な場合もあります。

 

大事な指示を受けていても

メモがとれないのは怠慢だからではありません。

 

訓練によって、

アスペルガー症候群の人も

口頭での指示をメモできるようになりますが、

急ぎの時にはメモを渡すようにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ