アスペルガー症候群の特徴!大人や子供の対応について!

アスペルガー症候群は、

コミュニケーションのとり方や

興味の持ち方に特異性が

認められる広汎性発達障害です。

 

発達障害なので、

中核的な症状は

幼い頃から成人に至るまで変わりません。

 

対人関係の不器用さ、

特定のものへの人並み外れた集中力、

五感の過敏さなどは形を変えつつも、

アスペルガー症候群の人には見受けられます。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の人との上手な付き合い方

 

アスペルガー症候群の

子供が最初にぶつかる壁は

友達との付き合いです。

 

他人への関心が乏しく、

他人の考えていることを

表情から察することができないため、

しばしば誤解を招きます。

 

しかし、

アスペルガー症候群の人も、

経験の積み重ねによって

それなりの人付き合いはできるようになります。

 

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の人は

言葉を額面通りに受け取り、

素直に反応します。

 

冗談や嫌味は通じませんが、

口に出したことは正確に受け止めるので、

伝えたいことは簡潔に話しましょう。

 

社会常識に欠ける振る舞いがあったら、

「こういう時には、こういう対処をすることが大事」

と具体的にパターン化して教えてあげてください。

 

感情に訴える言い方をされても、

アスペルガー症候群の人には伝わりません。

 

大人なら困惑するだけです。

 

どのように行動すると良いのかは具体的に示しましょう。

 

「右を向いたらダメじゃないか!」

 

というような曖昧さが残る言い方をされると、

アスペルガー症候群の人は

「では、左を向けば良いのか?

それとも前を向けば良いのか?

後ろだろうか?」と混乱します。

 

「ここでは左を向いて」

というように具体的に望ましい行動を示してください。

 

一旦パターン化されると、

アスペルガー症候群の人は直ぐに受け入れます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ