過保護のカホコは何故アスペルガー症候群と言われたのか?性格から分かる!?

kahoko

「過保護のカホコ」は、過保護に育てられ、世間並みの経験を何もしてこなかった女性が、一人の男性に感化されて経験の幅を広げ、成長を遂げていくという物語です。

ドラマの前半では、カホコは挙動不審ぶりが際立ち、アスペルガー症候群を疑う声もあがりました。カホコがアスペルガー症候群と言われた理由は何でしょうか?カホコはアスペルガー症候群なのでしょうか?

スポンサーリンク

カホコはコミュニケーションがうまく取れない

カホコがアスペルガー症候群を疑われたのは、コミュニケーションがうまく取れないためです。カホコは、自分の思っていることを適切に伝えられません。言いたいことが溜まってしまうと、相手の気持ちも考えずに直線的に尋ねます。「こんな聞き方をしたら、相手が傷つくのではないか?」と考えることが出来ません。

その一方、自分が困っていることをカホコは言葉で表現できません。キョトンとした顔をして、口をポカンと開けます。就職活動をしている大学生という設定にしては、尋常でない幼さで、視聴者をイライラさせました。過保護の結果なのか、発達障害があるのか、見極めが難しい描き方になっています。

→みやぞんの表情が気になる!ADHDやアスペの人は目が怖い?

アスペルガー症候群の女性はガールズトークが苦手!カホコはどうだったのか!?

カホコの成長は、もっぱら麦野初との関係で描かれています。カホコが大学で他の女子学生とどんなキャンパスライフを送っていたのかは、よく分かりません。アスペルガー症候群の女性の場合、「ガールズトークが苦手」という特徴があります。

ガールズトークは、会話の目的や結論が明確ではありません。話題は多岐にわたり、暗黙の了解が求められます。アスペルガー症候群の女性は、考え方が男性的なので、マニアックな話題には関心がありますが、同世代の女性が夢中になるうわさ話に興味が持てません。

スポンサーリンク

→イチロー選手にアスペルガー症候群の噂!真相についてはコチラ!

アスペルガー症候群の女性が好む服装は×××!?パニックを起こす理由がカホコとは違う!?

カホコは、自分の服を選んだことがありません。カホコが身につける物は、すべて母親が選んでいます。アスペルガー症候群の女性は、いつも同じような服装をしたがります。また、「ゆったりとした衣服や靴を好む」という特徴があると言われています。アスペルガー症候群の人には、感覚過敏があるためです。

感覚が過敏すぎるため、アスペルガー症候群の人は、過剰な刺激に圧倒されてパニックを起こすことがあります。カホコもしばしばパニックを起こします。

カホコがパニックを起こすのは、自分が失敗した時です。アスペルガー症候群の女性は、感情が溢れると、急に泣き出したり、茫然自失の状態になったりします。

→黒柳徹子の発達障害について!症状はどんなものなのか?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ