アスペルガー症候群は独り言や偏食家が多いのか?特徴のまとめ

最近、アスペルガー症候群の話題をよく耳にする事が多くなってきましたが、その多様な症状にアスペルガー症候群の子を持つ親はとても悩むようです。

アスペルガー症候群の症状の中の1つに、独り言や偏食が多いと言われています。

それらの症状は学校などでの集団生活においては支障がおきかねない症状です。

それらは本当なのでしょうか?検証性見ましょう。

 

スポンサーリンク


 

アスペルガー症候群の症状の1つ・・・独り言

asperger

アスペルガー症候群の症状の1つとされているの独り言は、症状として実際に有るようです。

学校や外出先での独り言は、親としてはとても悩むようです。

では、そういった症状を持っていた場合の親として具体的な対処法はどうしたら良いのでしょうか?

アスペルガー症候群の人はとても不器用です。

独り言がうるさいからと言って「うるさいから静かにして」と注意をしてもきちんと理解できません。

たとえば、「静かにってどれくらいのことを言うのか?」など複雑に考えてしまいます。

うまく理解をしてもらうには、注意する側の言葉をうまく並べることです。

「その声が耳に入ってきてしまって仕事や勉強ができない」とシンプルにまとめた言葉を現しましょう。

独り言を、「声を出さずに口を動かすだけでは出来ないか?」などの確認も良いかもしれません。

しかし、独り言を自覚していない場合も有るので、その場合は録音などして聞かせてあげるのも効果的だといわれています。

 

スポンサーリンク

▶︎アスペルガー症候群!受動型と積極奇異型の特徴や違いについて!

 

アスペルガー症候群の症状の1つ・・・偏食

アスペルガー症候群の症状の1つに「偏食」が有ります。

この症状も学校などの集団生活では支障が起こりやすい症状です。

「これは食べるけど、これは食べない」と固定概念が有る為に、色々な物を食べることが困難なので、給食などでは絶対食べない物が多かったりします。

これらの症状の理由としては、アスペルガー症候群の人の味覚が敏感だから起こるのではと言われています。

ですので食べなれたメーカーの物しか食べれないとか繊細な考えが芽生えてくるのです。

酷くなると受け付ける種類が狭くなり、栄養面でも不足していってしまう事もあるので、味や見た目などを好みに工夫しながら偏食を改善するようにしましょう。

アスペルガー症候群の症状そして対処法を理解して、うまく接することを心がけましょう。

 

▶︎アスペルガー症候群の愛着と依存の特徴について!


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ