アスペルガー症候群の夫の特徴とは?旦那のあの行動をチェック!

スポンサーリンク

最近、発達障害に関しての記事が多くなってきました。

意見交換やサポートする場も少しずつ増えているのも嬉しい限りです。

発達障害の1つに「アスペルガー症候群」が存在します。

もし、好きになった人が「アスペルガー症候群」であったのなら・・・

もし、結婚してから「アスペルガー症候群」だと知らされたら・・・

「アスペルガー症候群」だと知っていて覚悟して結婚してみたら・・・

様々なケースが存在すると思います。

もし、自分のパートナーである旦那さんなどが「アスペルガー症候群」であった場合、個人差はありますが、多少なりとも対処法が必要な場面が存在したりすると思います。

では、どのような特徴があるのでしょうか?

asian young Couple not talking after  fight  in living room

アスペルガー症候群の特徴とはどんなものなのか?

「アスペルガー症候群」とは、3歳までに発症します。

8自閉症の中のタイプの1つと説明したほうが分かりやすいかと思います。

知的発達の遅れ、言葉の発達の遅れも伴わない場合に適用されます。

対人関係に問題が有ったりします。

例えば、相手が傷つくことを素直に思ったことを口にしてしまったりします。

お葬式などで平気で言ってはいけない言葉を並べてしまったりと、俗に言うと「空気を全く読めない」感じの感性が特徴的です。

幼少期で例えていくと、同学年の子供と合わなくて、どうしても孤立して遊んでしまうことも特徴です。

複数で遊んでいると、自分の思い通りにならないために、結局は1人遊びへと戻ってしまうのです。

このような様々な特徴をもったまま大人になっていると、理解すると良いかもしれません。

スポンサーリンク

▶︎自己愛性人格障害の夫の特徴は?

結婚生活で気になりがちな点

では、アスペルガー症候群である旦那さんと暮らしていると例えると、気になりがちな点をいくつか並べて見ましょう。

まずは、自分のことが中心で頭が回っていたりすることが多いために、気配りなどの心配りはあてには出来ないケースが多々あります。

基本的には自分のことをやってしまうのが特徴と理解してしまったほうが、余計な望みが無くなり、ストレスへと変換されないかも知れませんが、そう捕らえるのも簡単でも無いですよね。

しかし、そのような素振りでも大事な存在でないと思われている訳でない事を理解しましょう。

あくまで配慮が行き渡らない脳の仕組みなのだと理解しましょう。

何かして欲しいことがあれば、それを説明して伝えましょう。

そうする事で努力をしてくれたりします。

アスペルガー症候群の夫であっても夫婦は夫婦です。

あまり自分だけで絶えずに居ることが大事です。

もし、暴力や言葉で傷つけられたら、それなりの距離をとることも自分を守るために必要なことです。

あまり苦しまずに向き合う形で過ごしましょう。

▶︎子供が発達障害だと離婚する確率は高いのか?離婚に至る理由は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ