アスペルガー症候群!大人の男性の仕事や職場についての特徴は?

スポンサーリンク

コミュニケーションのとり方や興味を持ったことへの集中力の高め方で特異性が認められる広汎性発達障害がアスペルガー症候群です。

総合的なIQは知的障害域でないことが多く、「知的障害が無い自閉症」と扱われることも多い障害です。

男性に多いアスペルガー症候群

カフェでパソコンをしている男性

対人関係に障害がありますが、他者との会話を避けようとするようなものではなく、聞かれたことには素直に答えます。

素人には分かりづらい発達障害です。

アスペルガー症候群の人は、機械的なものや規則性のあるものに対して優れた記憶力を示します。

豊富な知識を有する人も多く、プログラマー等の単純作業に没頭することが要求される仕事では強みを示すとされています。

マイクロソフトではこだわったことに対して追求していく傾向がある「ギーグ」と呼ばれる人たちがいます。

コンピュータ関係やプログラム関係は、アスペルガー症候群の人の職種適応性が高いとされています。

→アスペルガー症候群は性同一性障害を併発する確率が高いのか?

アスペルガー症候群の特徴

また、アスペルガー症候群の人は、一般の人には及ばないレベルの集中力とこだわりを特定の分野で発揮することも多く、発明家や芸術家も多いと言われています。

特定の分野に対する他の追随を許さぬこだわりが卓越した能力を生み出すこともあります。

スポーツ選手にもアスペルガー症候群の人はいるようです。

なおアスペルガー症候群は男性に圧倒的に多い発達障害です。患者数の男女比は9:1と言われています。

男女比がこれほど開いている発達障害はアスペルガー症候群くらいです。

スポンサーリンク

→アスペルガー症候群の人はコンプレックスを抱えやすい理由と対処法

職場で一番トラブルになるのは曖昧な表現が理解できない事

アスペルガー症候群の人は、明確に表現された事しか分かりません。

場の雰囲気から、自然に推し量って適切に行動するという事が、アスペルガー症候群の人にはできません。

アスペルガー症候群の男性が、最も理解に苦しむ表現の1つが、「適当に」です。

職場で上司から「適当に処理しておいて」と言われると、何をどのくらいやったら良いのか、アスペルガー症候群の男性は分からず、困惑します。

アスペルガー症候群の男性には、具体的に指示を出すようにするのが大切です。

数量や時間をはっきり出すと、アスペルガー症候群の男性は、動きやすくなります。

→アスペルガー症候群!大人の女性の外見的特徴は?

いくつもの仕事を同時に進行するのは苦手!指示は1回に1つがベスト

アスペルガー症候群の人は、決まった手順で黙々と仕事をこなすのが得意です。

ただし、集中している時に、別の作業が入ると、混乱します。

どちらをどこまで進めるか、自分ではなかなか決められません。

複数の仕事を同時進行で進めるのは、アスペルガー症候群の男性には、困難です。

指示は、1回に1つがベストです。それが難しい場合は、どの作業をどこまで進めたら、別の作業に移るか、タイミングを指示する必要があります。

作業の切り替えは、アスペルガー症候群の人は、難しい事が、少なくありません。

タイマーを使って、客観的に切り替えのタイミングを知らせると、円滑に作業を切り上げる事ができます。

→アスペルガー症候群の特徴が噂される芸能人は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ