アスペルガー症候群に芸術家が多いって本当?芸術系が向いている?

スポンサーリンク

大人の発達障害として知られるアスペルガー症候群。職場で問題を抱える事が多く、適職に悩みます。

アスペルガー症候群の人の適職に、芸術系があげられる事があります。

アスペルガー症候群には、芸術系が向いているのでしょうか?

adhd

アスペルガー症候群の人は失感情症になりやすい!押し殺した感情の表出手段として芸術を求める

アスペルガー症候群の人は、感情を押し殺して無感覚になる状態になりやすいと言われています。

感情を押し殺して無感覚になるのは、失感情症(アレキシサイミア)と呼ばれています。

押し殺された感情は、出口を求めます。

出口として、アスペルガー症候群の人が見出すのが、芸術とされています。

対人関係でうまく表出できない感情を、アスペルガー症候群の人は、絵画や小説などで表現します。

アスペルガー症候群の人には、視覚的に考えるのが得意な人と、言語的に考えるのが得意な人がいるとされます。

視覚的に考えるのが得意な人は絵画に、言語的に考えるのが得意な人は小説に、それぞれのめり込み、芸術家への道を歩みます。

→発達障害の子は絵が下手・字が汚い・不器用は本当?

アスペルガー症候群の人はアイデンティティの拡散に悩まされる!自分を投影した作品が作り出される

アスペルガー症候群の人は、周囲の人と人間としての種族からして違うような、深い孤独を抱えているとされます。

そのため、自分は何者なのかという悩みを持ちやすいと言われています。

自分は何者なのかという悩みは、アイデンティティの拡散と呼ばれています。

アスペルガー症候群の人は、自分について深く悩むため、うつ状態になりがちです。

うつ状態を自ら癒す手段として、芸術への関心を深めます。

アスペルガー症候群の人は、自分を投影した作品を作り出す事で、セルフメディケーションを行なっていると言われています。

スポンサーリンク

→発達障害の大人の特徴について!向く仕事と向かない仕事はコレだ!

退屈な訓練を長年続ける事ができるのが芸術家を生む!対象と一体化した感覚で熱中する

芸術家になるには、自分の苦手な事を練習する姿勢が、不可欠と言われています。

アスペルガー症候群の人は、退屈な訓練を厭いません。

地味な努力を何年でも続ける事ができます。

その結果、定型発達の人が到達できないレベルに、熟達できます。

アスペルガー症候群の人は、関心を持った対象と、自分が一体化したような感覚を持つと言われています。

対象と溶け合うように感じ、時間を忘れて没頭します。

ひたむきに努力できる事が、芸術家への道につながります。

アスペルガー症候群の人の作品は、すでにあるモデルを元に、自分の記憶を絡み合わせた、コラージュ的な作風になりがちと言われています。

→アスペルガー症候群!大人の男性の仕事や職場についての特徴は?


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ