ADHDの特徴は顔に現れる?不注意も特徴のひとつ?

「学級崩壊」が社会的問題とされ、

ADHDが関連づけられて

報道されることがあってから、

ADHDへの関心がにわかに

高まってきました。

スポンサーリンク

 

ADHDっぽい顔つきとは?

 

ADHDっぽい芸能人の噂や

ADHDっぽい顔つきというのが

ネットで見られることも多くなりました。

 

Bully

 

「ADHDの人には経験的に、

目が離れてえらが張り、

ネコ型の顔が多い」

ということがまことしやかに広まっています。

 

しかし、

発達障害の人も

定型発達の人と変わらずに

両親の顔立ちを引き継いでいます。

 

一見して分かるというものではありません。

 

たくさんの患者を診てきた医師なら、

蓄積されたデータから

直感的に診断名が頭に浮かぶこともあるでしょう。

 

それでも診断は慎重になされるべきです。

 

見た目で判別がつくというものではありません。

 

スポンサーリンク

 

多動性について

 

忘れ物が多いから我が子は

ADHDではないかと

心配される保護者もいますが、

そのレベルの不注意さは

親のほんの少しの手伝いで

改善されてくるものです。

忘れ物が多いからと

ADHDを疑う前に

忘れ物トレーニングをしてあげましょう。

 

多動性が顕著な場合も

親はADHDを疑いますが、

多動性が気になる場合には

注意欠陥障害も伴っているかに

注意してください。

 

多動性が気にならない程度のタイプの

ADHDはありますが、

注意欠陥障害が見られない

ADHDはありません。

 

障害を認識することは大切です。

 

しかし、

それはより良く社会に適応して持てる能力を

本人が発揮できるようにするためのことです。

偏見を助長するような行為は厳に慎みましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ