ADHDの子供は朝弱いのは本当?朝の支度に悩まない方法

adhd

「ADHD」という言葉をご存知でしょうか?

注意欠陥・多動性障害を持つ人を呼びます。

例えば子供の場合、「座っている時に落ち着いて居られない」、「様々な活動におとなしく参加することが出来ない」、「順番を待てない」などの症状に当たります。

大人の場合は、「落ち着かない」、「日常で貧乏ゆすりなどの意味のない動きをする」、「衝動的な行動を取る」などの症状が当たります。

ADHDの子供を抱える親の方は、特に日々の暮らしの中でも苦労があるようです。

その中で毎日訪れる朝起こすと言う動作。

これも普通の人よりも起こすのが難しいと言われていますが、本当なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ADHDの子供は朝が苦手?その理由とは・・・

ADHDの人は、朝が苦手だというのは本当です。

これには理由があります。

ADHDは集中力や注意力が自分でコントロール出来ない病気ですので、朝の起床や支度のようなシーンではどうしても苦手な項目になってしまうのです。

朝の起床や支度が苦手なのは子供だけではありません。大人のADHDの方も多いです。

 

スポンサーリンク

▶︎発達障害の疑い?2歳半〜3歳児に特徴はあるのか?

 

うまく親がコントロールする必要がある

もちろん、ADHDの患者じゃなくても朝が苦手な人はたくさん居ることでしょう。

しかし、ADHDの子供は苦手な人よりもっと酷く、親が管理し切れないくらいの状態であったりします。

そんな状態を改善する方法としては、「早く起きることによって生まれる得」を子供に植え付けることです。

例えば、朝このままダラダラと寝てると、支度も遅くなり、朝の子供番組が観れなかったり、遊ぶ時間が全く無くなってしまうことを説明してあげます。

様は、今起きたほうが、自分自身にとって、のちに得がやってくるというイメージを植えつけるのです。

子供の脳の中でそのイメージが優先さえしてくれれば、朝きちんと起きることにより、たくさん遊べてるという満足感が芽生えてくれると思います。

そして、言葉で難しい場合は絵に書いて説明するのも効果的です。

言葉とは時に非常に難しいものです。

絵に描き、選択させてあげる形にすると伝わりやすいでしょう。

次に大事なのは、辛いことの先に子供にとってもっと良い出来事が待っているケースを親が提示してあげることです。

先ほどのように、これをスムーズに出来たら、その後は遊べるよとかは子供にとってはかなり効果的です。

これらはけっして簡単ではありません。

ADHDの症状の度合いにもよります。

医師と相談しながら、是非試してみてください。

▶︎ADHDの子供の特徴!2歳・3歳児について


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ