ADHDの診断を子供が受けるのに最適な病院は?

授業中に落ち着いて

席に座っていられない子供の増加と

ADHDとが関連づけられて

報道されるようになって、

ADHDを疑って診断を仰ごうとする動きも

保護者の間で加速するようになってきました。

スポンサーリンク

ADHDの疑いで子供を受診させるうえでの注意点

診断は小児科や

児童精神科などの

専門の診療科で下されます。

 

病院・クリニック_イラスト

こうした診療科は

総合病院や大学病院などに

設置してあります。

 

近くに専門医が見つからない場合には、

地域の保健センターや児童相談所、

かかりつけの小児科医、

発達障害者支援センターなどに相談すれば、

専門の医療機関を紹介してもらえます。
受診に際して

注意しておかなければならないのは、

ADHDは

1回ADHD診断テストを

受けたから分かるものではないということです。

 

1回や2回病院に

足を運んだからといって

下りる診断ではありません。

 

不注意さや多動性、

衝動性は幼い頃には誰にでも

見られるものであり、

ADHDは

その度合いが年齢や発達に

不釣り合いなほどに顕著であると

判断された場合に下される診断だからです。

 

何回にも及ぶ

カウンセリングや

いろいろな種類のテストをしてみて

漸く下されるのがADHDの診断です。

 

スポンサーリンク

 

 ADHDの誤診について

 

近年、

ADHDの誤診が

多いことが問題になってきています。

十分にカウンセリングが

行われないまま診断が下されたら、

念のために別の医療機関を受診してみましょう。

 

大切なのは、

診断名が確定することではなく、

子供の抱えている

困難を軽くするために

どのようなケアをすれば良いかを

専門家を交えて話し合い、

子供の抱える困難を軽くしてやることです。

 

じっくりとカウンセリングを行い、

安易に投薬しない病院を選ぶことが重要です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ