ADHDの子供の特徴!4歳・5歳・6歳児について

就学前の子供のADHDの特徴

ADHDは4歳児になると

診断が下されやすくなります。

4歳児になると、

そろそろ聞くことをしっかり覚えるからです。

スポンサーリンク

就学前の子供のADHDの特徴

4歳になっても

人の話を遮って自分の話を始めたり、

突然甲高い声で叫んだり、

そのような行動を

注意されても改められなかったり、

思い通りにならないことに

激しく怒ったりしたら、

ADHDを疑うことが必要になります。

 

保育所内で遊ぶ子供達と保育士

 

集団行動がとれないということで

保育士さんから連絡が入ることも

あるでしょう。

 

保育園や幼稚園では

ADHDの気があると確認して

保護者に連絡しても、

専門の医師に診てもらうように

勧めることまでは

なかなかできないのが実情です。

 

保護者の抗議を恐るためです。

ADHDを放置していて困るのは

他ならぬ子供自身です。

 

保育士から連絡が入った場合には、

ADHDを診てもらえる機関の

受診を前向きに検討してください。

 

スポンサーリンク

 

ちょっかい行動について

 

ADHDの子供が

保育園や幼稚園でトラブルを

起こすきっかけには、

他に「ちょっかい行動」の

不適切さがあります。

 

「ちょっかい行動」は

他の子との距離を

縮めて親近感を持たせる行為です。

普通は「ちょっかい行動」の後には

遊びの提案がなされます。

 

しかし、

ADHDの子供では

「ちょっかい行動」の後に

遊びの提案が無いことが大変多く、

ちょっかいを出された子との間に

トラブルが生じてしまいます。

 

「ちょっかい行動」

普通2~4歳で出てきますが、

ADHD児ではそれよりも

遅れて出てきます。

 

「ちょっかい行動」

出始めた年齢の子供と遊ばせて

欲求を発散させてやるのも良いでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→アスペルガー・ADHD・発達障害を改善する方法を見る

関連記事はこちら↓↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ